vainsystem.net

携帯版はこちら


2016/04/17 [Sun]

MacのTwitterアプリくそしかない問題

「引用リツイート」と「画像インライン表示」に対応していて無料、となると、もう本当にない。

あとは軒並み有料だったり、更新されてなかったり。Macの場合、AppStoreで金を払わないと、ダウンロードすらできない。Tweetbotというのが評判いいのだが、1200えんである。むり。

もう公式ウェブでいいじゃん……という状態だったのだが、同じウェブでもTweetDeck(これもTwitter公式らしい)の具合が良いことが判明。一通り機能があるし、遅くならない。Nで新規、Rでリプライなど、ショートカットも使える。表示オプションが弱いが、その気になればCSSで変えられる、はず。しらんけど。

[画像:ss0417aa]

Chromeの新しいウィンドウにTweetDeckを開いて、デスクトップ右に配置。Homeが常に見えるように。

[画像:ss0417ab]

投稿は、Hummings(有料)というアプリで行っている。設定キー(Cmd+Shift+Sに設定)を押すと、一番前に大きい投稿フォームが出てくるので使いやすい。いちいちChromeをアクティブにしなくていい。

こんな感じで一応。ウェブアプリが一番いいってなんやねんMac。

[ カテゴリ:日記 | ]

2016/04/16 [Sat]

スカパーチューナー、便利になっていた

はるか昔の90年代終盤、スカイとパーフェクが統合された時のチューナーは、赤外線を出すコードをビデオデッキの受光部分近くに取り付けて制御し、録画していた。デッキはテープのVHSだから、失敗率も高かった。

00年代中盤になると、チューナーと東芝RD(DVDレコーダー)が、ケーブル接続で連動できるようになる。HDDに2番組録画もできるので、信頼性が高まった。タイトルが自動で入るようになり、ようやっと録りまくれるようになった。

その後、CS110度のスカパーが開始されると、こちらのほうが便利になる。地上波と同じ要領で録画できるし、ハイビジョンチャンネルもある。スカパーHD(現在のプレミアムサービス)も開始されていたが、ハイビジョン化に時間がかかったうえ、チューナーや対応録画機器がぽんこつばかりで、冬の時代が続く。

そして現在。プレミアムは全チャンネルハイビジョン化され、1万ナンボで買えるチューナーでも簡単に録画・視聴できるようになっていた。

録画方法は3種類。HDD内臓チューナー(アンテナケーブルを2本引けば2番組録画可能)を使うか、HDDなしチューナーにUSBHDDを接続するか、LANで対応レコーダーに接続するか。

[画像:IMG_0508]

[画像:DSC_0008]

[画像:IMG_0509]

録画可能時間が出て、完全にHDD内蔵レコーダー状態。

LAN録画でもタイトルはちゃんと入る。よく調べてないが、録画時間にレコーダーが録画してると、コケるんでないかと思われる。どうもLAN録画が優先されて、レコーダーの予約がカットされるぽい。このへんはレコーダーにもよるだろうけど。

[画像:DSC_0007]

なぜか「ー」が入らない。あと、LAN録画中は再生できない。さすがだぜRD。

[画像:IMG_0510]

LANは若干めんどくさいが、USBHDDだと、ほぼHDD内臓チューナー(親父が使ってる)と同じように扱える。簡易録画機能かなと思ってたが、わりと使いやすい。方向キーに再生停止などが設定されているし、30秒送りボタンもある。録画中にも再生できるのにはびっくりした。売価1まんなんぼのでこんなんできんのと。スカパーがんばってんな。

レコーダーはなるべくあけておきたいので、USBHDDで野球とサッカーを録ることにする。いいねほんとたのしい。

[ カテゴリ:日記 | ]



http://vainsystem.net/ Webmasterkouito
Made with XHTML powered by blosxom