[画像]

vainsystem.net


2013/04/13 [Sat]

0413 SKE48春コン2013「変わらないこと。ずっと仲間なこと」@日本ガイシホール

恒例(2年目)のガイシコン。昨年は全2公演・1人4枚まで・身分証確認ナシだったので外れたが、3公演の2枚までになったので当選。味噌帝国までえっちらおっちら行って参りました。

3公演あると、3公演ともセットリストが違う。1回目の今回は、公演曲(メンバーそのまま、たまにチェンジ)を中心に、シングルやって、チームの代表曲、みたいな構成。いつも公演で見ている曲とはいえ、衣装は特別なモノが用意されていて、なかなか楽しい。

今回の僕の席はアリーナD4ブロック。アリーナに十字に花道が作られていて、ステージが下だとすると、一番上の花道直横。要するにアリーナ最後方(後ろから2列目)なので、メインステージはもう誰が誰やら。でっかいモニタを主に見ることになる。

アリーナコンは大抵花道があるが、最後方にはほんとに来ない。1、2回来るかなレベル。期待してなかったんだが、ムービングステージ(最後方からせり上がって前に動く)をわりと使っていたので、曲によってはものすごい臨場感。狼のくーゆり、枯葉の玲奈選手なんかは、かぶりつき状態。このへんの超選抜様は、もうなんつーか、間近で見ると綺麗すぎてCGレベルだな。CG。

D4ブロック最大の見所は、チーム曲(フラフープ(S)→ディスコ保健室(KII)→ワッショイE)の時に、にぎやかしで目の前に来た研究生。曲に合わせてフラフープで腰をくねくねするも、全然できてないちょきんちゃんから目が離せない。どんだけかわいいんだ!どんだけかわいいんだ! 近くにいた矢野さんや熊崎さん(6期)と戯れる姿でなごみまくり。まさにクライマックス。ここが全てだ。もはやステージなんて見てなかった。

あと印象に残ってるのは、あかりんセンターの万華鏡。基本的に、公演曲はメンバーシャッフルしてくれたほうが面白い。

以上。他にもなんやかんやあるんだが、書き出してたらきりがないので。今までに見た10000人規模のアリーナコンサートで、自分基準でいうと、中の下ってところだと思う。48Gの伝統なのかもしれないが、演出にあまりにも金がかかってない。まあそうはいっても、我が軍が歌い踊ってるっつーだけで、おっさん普通の曲で涙目だったけどな笑。

組閣について

1日目は、組閣(チーム再編成)があった。我が軍は、主に1期で構成される看板で最強のチームS、オリジナル公演を貰って怒濤の勢いのチームKII、ダメ出しされまくりだが2nd逆上がり公演から評価されだした末っ子チームE、という具合で、出来た順に格差があった。

今回の大量卒業で、とくにチームSが瀕死状態に。早かれ遅かれ組閣は必要だったが、こんなに早いとは思ってなかった。KIIは脂がのってる時期だし、Eはいつめん昇格で2ndが軌道に乗ってきたところ。このタイミングはちょっとどうか。

Sはまきこりぃきょんが行って、パフォーマンスは間違いないレベル。引き続き、SKEを牽引する看板チームである。KIIはなんかよくわからないが、ちゅりーだーとあかりんの融合に期待。Eは玲奈選手を頭において、6期のアズマリオンやらなんやら育成メンツ。それなりに意図は見える。

今回昇格できなかった日置ちゃん、ちょきんちゃん、大脇ちゃんあたりは気の毒なとこもあるが、あがらない理由もなんとなくわかるし。これはしょうがない。逆に応援したくなるよね。

[ カテゴリ:SKE ]



http://vainsystem.net/ Webmaster:こういと