[トップページ]

vainsystem.net

2019/07/07 [Sun]

今週のベイスターズ v.s.タイガース、ジャイアンツ

07/02 DeNA 4 - 0 阪神

上茶谷x西。右のエースクラスということで、2番佐野を起用。これがズバり、先制ソロとタイムリーの2打点。現状、左打ちの切り札は佐野。勝負強さが備わってきた。あとは守備をもうちょい頑張って。

継投は、2死満塁で上茶谷から石田にスイッチ、エスコバーを打席に立たせてまたぐなど、かなりあぶなっかしかったが、無失点で逃げ切り。ハマスタ阪神戦でこういう試合ができるとは思ってなかった。毎度意味不明に打たれるからな。この3連戦、阪神さんも付き合ってお笑い野球をやってくれたのが大きい。やさしいね。

07/03 DeNA 3 - 4 阪神

濱口xガルシア。2点リードで終盤8回、パットンが捕まって同点に。9回は下位だったので珍しく同点やすあき。延長となり、武藤が2イニング目に犠飛で勝ち越されEND。

濱口が5回に脚の違和感で降りたのが致命的。これにより、Pが詰まって最後武藤を使うハメになってる。ハマスタで仕事してくれませんかねえ……。

どっちかいうと打線が問題。散発6安打で3点なんで、よう取ったほうではあるのだが、あまりにしょぼい。

07/04 DeNA 7 - 2 阪神

大貫xメッセ。そのうえ捕手戸柱。どう考えても勝ち目ないが、意外となんとかなる。

きょうのポイントは、大貫5回2失点のあとの、石田3イニング。常人には思いつかない采配である。その間にHRぽんぽん打って、やすあきセーブ外まで点取って、国吉でおわり。石田を引っ張る方も引っ張る方だが、無失点で抑える石田も石田である。たまにいいところ見せるなおまえ。

07/05 巨人 8 - 4 DeNA

今永x山なんとかのエース対決。緊迫したゲーム展開になると思われたが、5回に若林とかいうなんかわかんないのに同点2ラン、6回に丸に3ランを食らって6失点END。

丸の打席な。バントを試みてたので、やらせればいいのにフルカンに持ち込んで、3ランを被弾。最悪あるかしでもいいのに、この結果である。ちょっと簡単にいきすぎた。このへんが戸柱とのバッテリーである。

あとはとくに言うことない。エースが6失点したらそらあ負ける。今永はここのところ調子悪く、確変終わったかと言われているが。さてどうか。

07/06 巨人 4 - 3 DeNA

平良xメルセデス。左投手ということで、右の細川を上げて即6番ライトで起用。結果からいうと、さすがに無理があった。いくら下で調子良くても、実績ない打者を6番はかわいそう。ライト守備も最底辺レベルで、我慢するのにも限界が。

きょうはスタメンを含めて采配面で問題。平良を4回2失点で下ろすが、続く国吉が失点。結果これが致命傷となる。うしろが充実してるならわかるが、我が軍レベルで先発を4回で下ろしてたらそらあやられる。櫻井、斉藤は無失点だったのはよかった。とくに斉藤はプロ初登板でも堂々としていた。使えるかも。

07/07 巨人 4 - 6 DeNA

井納x高橋。左腕なので、昨日に引き続き細川を起用する。これはどうかと思われたが、2安打1打点と仕事する。まあ、打ったのは変わったあとの右Pだけども。

打線は、序盤から残塁祭りで、かなり苦しい展開も、伊藤が3ランで決勝。すでに8HRで、何の文句もなく正捕手。今年FAなんでしこたまあげてくれ。リードは我慢する。

使いまくったエスコバーを抹消し、新外国人左腕ソリスを登録後即登板させる。元々このつもりで使い潰してたのだと思われる。それはいいんだが、上背のわりにはしょっぱい球筋。ソロのみの1失点で済んだが、とてもエスコバーのかわりが務まるとは思えない。左が討ち取れないタイプじゃないかな。苦労しそう。

来週の展望

ハマスタ阪神さんを奇跡の勝ち越し(4年ぶり)、凍土を1-2で、週間3-3。まあ、よくやったほうだろう。踏みとどまった。広島が5割まで落ちてきているので、阪神さんも含めて23位争いとなっている。

月曜日から引き続き神宮ミルミルなので、ここの勝ち越しは必須となる。もうほんと打線、というか筒香の出来にかかってる。たのむから仕事してください。

[ カテゴリ:野球::ベイスターズ ]

2019/06/30 [Sun]

今週のベイスターズ v.s.カープ

DeNA 13 - 3 広島

今永と大瀬良のエース対決、なのだが、どちらも4,5回に降りてしまう。我が軍はどうせ大瀬良だから連打はできないだろうと鈍足を並べ、HRをぱっかぱっか打って試合を決める。ロペスと筒香が2本ずつ、ソトが突き放す3ラン。17安打13得点の快勝。

戦略もなにもない、力でねじ伏せる野球。実にハマスタ我が軍らしい内容。大量得点の次の日は……わかるな?

DeNA 2x - 1 広島

平良とアドゥワ。アドは打てないから、せめて左を入れようというわけで、ライトに佐野を起用。そうなるとソトはセカンドなので、防御は捨てて攻撃に振る作戦。これまた我が軍らしい。

平良は球速はそこそこだが、変化球が増えて、丁寧に打って取ることができるようになった。それで6,7回まで持つので、普通にローテ投手である。今回は6回86球で降りたが、このままいけば最後まで投げさせてもらえるようになるだろう。

試合は1-1で延長戦に。ここのところのラミ夫は、同点の9回でもやすあきを起用しない。同点でのパフォーマンスがよくないという理由らしいが、まあ実際負けてないのでそれでいいんだろう。ホームの場合、普通はいいPから順に使っていく。

10回、先頭のクワが3塁打。神里ソト三振のあと、ロペスをなぜか申告敬遠。この采配が勝負を分けた感がある。続く筒香が粘って四球、最後は宮崎がセンターに渋く落としてサヨナラ。

接戦をモノにできてよかったが、石田がわりとまじで役に立ってない問題はある。三振を取れる左ではあるのだが、左打者にことごとく打たれている。それじゃあ価値がないんだよな。じきに先発に戻すとか言ってたが正気なのか。

DeNA 2 - 2 広島

井納とトコタン。これまた打てないPなのだが、実際打てない。ソトの空気読めないHRだけが頼りなのだが1四球のみで不発。9回代打佐野のタイムリーで同点に追いつき、延長を国吉エスコやすあきでしのいで引き分け。

今日は采配がことごとくはまらなかった。ラミ夫は「井納は突然崩れる」と、どんなに良くても100球で下ろす。今回も6回97球無失点で下ろすが、次に出した藤岡が速攻で2ラン被弾。藤岡は防御率1点台と仕事をしていたから、勝ちパで行きたい気持ちはわかる。ただ、結果からいえば、井納をもう1イニングであった。

攻撃面では8回、先頭の筒香が出たところで、代走楠本を送る。続く宮崎の併殺で即退場。延長で筒香がいればHRワンチャンあったんだが、これはまあしゃあない。それよりも、楠本にレフトを守らせるリスクがものすごい。ソトの外野のほうがマシである。

来週の展望

リーグ再開のカプ戦を2勝1分。上々の滑り出しである。これで借金1となり、阪神さんと並んで3位。夢のAクラス入りである。我が軍は連敗後持ち直し、交流戦で勝ち越し。他チームがことごとくやられたので、一気に差が詰まった。まーよくやってるよ。

来週は、鬼門のハマスタ阪神戦から、東ド巨人、神宮ミルミルの9連戦。オールスター前に3位をキープしたいところだが、ハマスタ阪神は謎の力が働く地獄。信じられないほど打たれるからな。ここをどうしのぐか。あとはそこそこ勝てる。

10+5連敗してたときの絶望感はもはやなく、ポジポジな毎日。やってみないとわからんものだね、野球って。

[ カテゴリ:野球::ベイスターズ ]



http://vainsystem.net/ Webmaster:こういと