[トップページ]

vainsystem.net

2015/06/14 [Sun]

我が軍貫禄の10連敗達成

06/09 楽天 3x - 2 DeNA

久保を8回途中まで引っ張って同点、延長12回にヤマヤスがペーニャにサヨナラHRをくらって終了。タナケンとヤマヤスが打たれて負けるのはダメージがでかい。連敗中のチームにありがちな展開である。これくらいではめげないよ!

散々満塁になったところで先発を下ろすのは、我が軍ではよく見る光景だが、個人的にはこのタイミングだけは無いと思う。塁が埋まる前か、失点するまで我慢するか、どちらかだ。我が軍のPじゃ無理だっての。

06/10 楽天 5 - 4 DeNA

乙坂が活躍してリードしたまではよかったが、平田の暴投で勝ち越されるという、アホみたいな展開。藤田にやられっぱなしである。我が軍のセカンドはイシカワプロであるというのに。

我が軍の暴投数は、他のチームの平均の倍以上あるとのこと。クソPとクソキャッチの共同作業。おかしいだろさすがに。

06/11 楽天 7 - 5 DeNA

2点リードの6回、モスコから繋いだ岡島が、3四球から松井に満塁HRを浴びてEND。これは完全に継投ミス。下で6点台のロートルに勝ちパターンを任せてこれだから、擁護のしようがない。ばか。

06/12 日本ハム 7x - 8 DeNA

打線が追いついたが、延長11回に国吉が止めようがないレベルの暴投でサヨナラ。国吉とタナケンしか残っておらず、詰んでいた状態。ストレートはキレていたが微妙に入らず、フルカンからスライダーを要求してこの結果。2死23塁で、変化球をゾーンに決められる投手かどうか、わかってるはずだ。高城の責任は大きい。先頭に2塁打打たれるほうが悪いけどな。

06/13 日本ハム 3 - 2 DeNA

同点の8回、ロペスのエラーで勝ち越されEND。ロペバルは、普段は並以上の守備を見せるが、ここぞというところで効果的にやらかしてくれる。

06/14 日本ハム 3 - 1 DeNA

育成からアゲの砂田が無失点好投。6回、荒波がセンターライナーを落とし、12塁としたところで平田にスイッチ。初球、打って下さいのスライダーをど真ん中に投げて、矢野3ランEND。

矢野が初球から振ってくるのはわかってるので、外のボール気味から入るに決まってる。中途半端な要求をするからこういう大事故が起こる。高城の頭が悪すぎる。なんでメインで使い続けるのかわからん。

平田に関しては、防御率は0でも要所でやらかしまくっている。リードでランナーがいる状況で、結果が残せるとはとても思えなかった。完全に出す方が悪い。そもそも、砂田はダメもとで先発させているのだから、失点するまで我慢すべきだった。球が浮いていたから代えたとは言ってたが、最悪の結果となりましたね。

これで我が軍は交流戦3勝、勝率1割なんぼで記録を作る。故障者が出た序盤はしょうがないところがあるが、終盤の10連敗は完全にベンチの責任。率があるバッターにバントやらスクイズさせて失敗、継投があやふやで爆死など、めちゃくちゃすぎる。ただでさえプロのチームに勝つのはスレスレの戦力なのに、ベンチの動きでトドメを差してる状態。負けが込んでるのでわからんでもないが、もうちょっとあたまつかえ。

リーグ戦に戻るが、セの他チームも大概な状態。巨人は連敗が繋がってないだけで我が軍とどっこいの負け数、珍はオリにボコられる程度。普通にやれると思うが、やれないと今月中に最下位までありうる。それはそれでしょーがないけどね。我が軍だし。

[ カテゴリ:野球::ベイスターズ ]

2015/06/07 [Sun]

我が軍怒濤の4連敗 ☆☆☆☆☆

06/04 DeNA 0 - 8 ソフトバンク

怪我から復帰のモスコが2回4失点降板。散発3安打で完封負け。最終回には加賀がどうにもならないくそ球を投げ続け、これまた4失点。平田がそこそこ投げた、というくらいしか収穫の無いゲーム。禿ちゃん戦はこういうのが3戦続くと思っていたので、1つ勝てただけでもマシというか。力の差を感じた。

06/05 DeNA 3 - 3 西武

神宮や甲子園までもが中止のなか強行。空き日程が無いとかなんとか。初回中村の3ランで軽快に失点も、ロペスの2ランで追いつき、5回を終えたところで雨天コールド。

ベンチの雰囲気を良くするため、とかいう謎理論により呼ばれたひうまが2番ショート。1打席2打席目ともに送りバント。3点ビハインドの場面でバントさせるなら、守備がマシなのを起用すべきではないのか。我慢して使う、というレベルにもないぞあれは。

06/06 DeNA 1 - 5 西武

両軍6得点がすべてソロ。ここまで食らうのは捕手にも問題がある。高城は嶺井と交代で使っていくべきだと思うがなあ。固定するには厳しい。

イシカワプロが2死球で途中交代。今度はこいつの番か、すげーな我が軍、と思ったら、次の日生きてた。よかったね。

06/07 DeNA 3 - 9 西武

先発三嶋が4回6失点END。ちょっと酷すぎてなんともいえない。戻ってきたタナケンが良い状態だったのがせめてもの救い。

以上、引き分けを挟んで4連敗。交流戦は6つ残して3-8(1)と、最下位に沈む。残りがビジターの楽天とハムなので、楽天で二つ、ハムで一つ勝つのがノルマになる。この調子では昨年のカプの二の舞。

先発が総崩れしてるのが最大の原因だが、後ろはちょっとマシになってきた。打線はようやく筒香が戻って、ベストオーダーに近づいた。ヒット自体はそこそこ出てるので、あとは打線のかみ合わせ。どうだろうか。

[ カテゴリ:野球::ベイスターズ ]

2015/06/03 [Wed]

DeNA 2 - 4 ソフトバンク どこをどうすれば勝てたのか ☆☆☆☆☆☆☆☆8

ニッカン式スコア DeNA対ソフトバンク - プロ野球 : 日刊スポーツ

同点の8回、1死13塁で、梶谷がスクイズ失敗。その後四球を選んで満塁とするも、続くイデが三振、バル中飛で無得点。ここで勝ち越せなかったのがすべて。

代打で控えて守備につけないようなのが枠を使ってるので、コマが足りなくていかにも厳しい。そういう状況なだけに、代打の出しどころ、守備の代えどころは慎重に考えないといけないんだが、今日はことごとくポイントがズレていた。筒香とロペスは無駄撃ち、倉本は出すのが早すぎて大事な9回先頭にオートアウト。難しいモノだ。

投手の方も、延長になると簡単に詰む。選択肢としては、筒香を出さずに三浦を引っ張るか、エレラを2イニング引っ張るか、というくらいで、後続はこんなもんでしょうがない。各々が額面通りの結果を出してこれだから、諦めるしかない。打線が悪い。9回にヤマヤスを温存したとしても、どうせクリーンアップで使うことになっただろうし。やっぱ打線が悪い。

明日は怪我から復帰のモスコーソが先発。誰かが落ちることになるが、誰だろうなー。ちょっとわかんないわ、候補が多すぎて笑。

[ カテゴリ:野球::ベイスターズ ]

2015/06/02 [Tue]

DeNA 6 - 5 ソフトバンク 今季最強ネタ花火大会 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆9

ニッカン式スコア DeNA対ソフトバンク - プロ野球 : 日刊スポーツ

[画像:IMG_20150602_185714]

パでは、ソフトバンクこと禿ちゃんチームを応援してまして。今回は良い機会なので、外野レフト上段のがらがら部分に座って、ビール片手にまったりと観戦。球団やファンの気質、戦力など、色々と違っていて、逆におもしろい。まあ実際は、禿ドームが実家から近くて行きやすい、という理由が大きいのだけど。

試合は完全にお祭りとなり、ネタを詰め込むだけ詰め込んだ感。ここまでなんだかんだ起こる試合も珍しい。平日なのに28000人以上入ったそうで、みんな満足してお帰りになられたことでしょう。

花火大会同時開催

近所のみなとみらいで、開港記念の花火打ち上げ。協賛して、ソロムランをぱっかんぱっかん打ち上げる両軍。5本全部ソロというのもまた風流。イデホの打球なんなのあれ。横から見るとすごい。

荒波さんきょうも軽快にやらかす

2回、荒波が盗塁暴投で3進。続く高城のライトライナーで、当然タッチアップかと思いきや自重。ライナーで飛び出してしまい、判断を誤ったもよう。ここのところ、守備でも走塁でも、雑なプレイが本当に目立つ。カバーするくらい打ってるからいいようなものの、もうちょっとどうにかならないのか。(なりませんこんなもんです)

イデさん来季残留を決定的にする

3号ソロ(キャリアハイと並ぶ)とタイムリー、LED照明が目に入っても落とさないなど、大活躍。普通に5番の仕事をしてしまう。いい歳なのに、成長を感じさせる謎確変状態。来年もいてもいいんやで。

久保さん連続四球で爆死

HRの失投以外は無難にまとめていた久保。7回に中村を歩かせて、不調の今宮で勝負したところ、代打明石を出され、さらに四球で大失敗。後続が打たれて逆転残念賞。110球を超えていて、判断が難しい場面ではあったが、久保続投で責任取らせるべきだった。

2塁塁審わたりださん、柳田の打球を避けられない

脳だけではなく、身体も衰えていた。元々かもしれんが。通常、打球が審判(通称:石ころ)に当たっても続行だが、内野手より前で当たった場合は、その時点でボールデッド。ひとつ進塁のみだとか。今知った。普通にセンター前で2失点かと思いきや、1失点の満塁でプレイ再開。工藤がルールブックを持って抗議してたが、審判の判断が正しかったという珍しい例。というか、その前に避けろや。

大原と長田、使い物にならない

左のギータ殺しを託された大原。全体に球が高く、前述のわたりだアシストでセンター前にはじき返され無事失敗。日曜日にもやられていて、クソの役にも立っていない。タナケンを休ませるために無理に上げた結果がこれ。早急に入れ替える必要がある。

続く長田も、内川に四球で押し出し。せっかく1点減ったのに、やっぱり1点取られて勝ち越される。あまりにも我が軍すぎる展開。

1イニングに3回照明が目に入る

サードに入っていた白崎が2回、レフトのイデまでやらかしかける。白崎のはパンがアシストしてひとつはアウトに。禿ちゃんライトの中村もぽとりしてる。LEDは目に入るとかなり残像が残るようなので、気をつけないといけない。一応、明るさを再調整したという記事が前に出てたが、これではちょっと困る。同じくLED化した禿ドームでも、明るさを落としたとか言っていた。

高城、セルフジャッジしてストライクを取って貰えない

前述の内川の打席で、インコースにズバッと決まったが、判定はボール。高城はベンチに帰る動作をしたが、これは心証がよくない。もうちょっとうまくやってよ。

ヤマヤス、禿ちゃんの強力345を完璧に抑える

これはしびれる対決だった。是非動画で見て欲しい。ベテランでもここまで投げられる投手が何人居るか。

DeNA 山崎康晃 SBのクリーンナップ相手に完璧な投球!19セーブ目をあげる 6月2日 - YouTube

[画像:IMG_20150602_185730]

実に楽しい試合だった。球場観戦のときはAMラジオを持って行くといいよ。ラジコは最低でも15秒遅れる。

[ カテゴリ:野球::ベイスターズ ]



http://vainsystem.net/ Webmaster:こういと