[画像]

vainsystem.net


2008/01/18 [Fri]

モニタと戯れる日々

引き続きMDT242WG。画面が近すぎて吐きそうです。視線も高すぎてしんどい。奥行き46cmの机じゃ無理があるよ。なんか新調せざるを得ないか……お金無いのに。

とりあえずは画質調整。初めての液晶モニタだが、歪み調整が不要なのはいいね。CRTではここに何時間も費やした。どうしたって真っ直ぐにはならないので、どこで妥協するかが難しい。

デフォルトは、お約束で明るすぎ。Windowsの白がまぶしいってのを良く聞くが、まぶしいって事は明るすぎる。ブライトネスはがんがん下げて、とりあえず10%に(最低まで下げても明るすぎる製品もあるらしい)。コントラストは50%。シャープネスはデフォルトだとシャープすぎて、メイリオフォントやJPG画像がギザノイズ。これも20%程度に下げる。色温度は5000K。色温度を下げると最初は赤くて気持ち悪いがすぐに慣れる。紙の白色に近くなって具合がいいので、5000~6500Kあたりをおすすめ。

こんな所だろうか。他と比べてどうってのはわからないが、劣化したCRTと比較する分には全く不満の無い画質。色むらなんてわからないし、視野角も十分広い。ナナメだと白の色がちょっと変わったりはするが、安い液晶のようにすぐに色が変わったりはしない。僕にはこんなもんで十分だ。

多機能モニタなので、色々試していく。まずは、購入の大きなポイントになったPinP。デジタル入力xアナログ入力の組み合わせでしか映らない(アイオーのはデジデジ可能)。自分の使い方では、PC(DVI)とレコーダー(D3)の組しか無いので問題ない。

[IMAGE]242

大きさ三段階で、表示場所は自由。これはかなり優秀。画質は上々だし、遅延・残像も気にならない。今まではテレビの外部出力をPCのキャプチャボードに入れて見てたんだが、これでもう不要に。

つづく。

無理そうです

[IMAGE]LDR未読

この未毒量、草の根ネットを思い出すぜ。

☆3と4は携帯版でちょこちょこ見てたが、わりと実用的だった。

[ カテゴリ:日記 ]



http://vainsystem.net/ Webmaster:こういと