[画像]

vainsystem.net


2008/01/20 [Sun]

要するに何で再生すればゆのっちはキレイになるのか

PCでDVDを再生(PowerDVD・フル画面)してみたが、だめだ、ざらざらだ。アプコン映像に定評のあるメディアプレイヤーであるところのPS3を持ってくれば即完結なんだろうが、PCもcore2の有り余るパワーでどうにかならないの?……ならないみたいだな。

[IMAGE]DVD機器

MDT242WGに手持ちの機器を順に繋いでみる。まずは、DVD-RP91(2001年製)。これをD2で入れてみるが……ああ、コーミングノイズ(動きのあるところで白い横線)まみれだ。D1で入れるとノイズは改善するが、こちらもぱっとしない。さすがに古すぎたか。

次、Xbox360。本体出力設定はD5。ゲームは大抵の場合720pを1080pに変換して表示するらしいんだが、あまりのクッキリ画質に噴いた。1080pって初めて見るもんな、インパクトがある。VGA,HDMIだと更に良好な画質になるとか。しかし残念な事に、DVD再生はD2になる。PS3も著作権保護かなにかの関係で、HDMIでしかアプコンしない。Xbox360の場合は、VGAかHDMIならアプコンする模様。ちょっと見てみたいので手配しよう。

[IMAGE]360

ウェッブの世界では、こういう参考画像を出すときはアニメじゃないといけないという鉄の掟があるので従う。というか、ライブや映画だと、画質はあまり気にならない。アニメは線が単純なので、こだわりたくなる気持ちもわかる。

PCモニタは16:10なので、上下に黒帯が入る。まー、D2を拡大したなりの画質。普通にギザってる。色はもうちょい鮮やかでもいいかなあ(スタンダード1)。

(紛らわしいので画像削除)

スタンダード1でのトーンジャンプ(グラデーションが飛び飛びになる)。写真だとちょっとわかりづらい。エンディングの一番いいシーンでしましまですよ。滅多に気にならないので構わないけど。

追記) スタンダード1だとトーンジャンプは改善されているそうだ。同じシーンをブラウン管で確認してみたところ、MDT242WG程じゃないが段々になっていた。ソースとしては不適当でした。失礼しました。ただし、テレビなどを見ていると、まれに不自然なグラデーションが気になるので、全く無いとは言い切れない。頻度は本当にごくまれなので、あまり気にする事も無いかと。

[IMAGE]360

ダッシュボードはD5。

[IMAGE]360

DVDはD2。

というわけで、現在の環境では、ブラウン管+RD-X5最強伝説という当然の結果に。MDT242のモードを弄ってみるとか以前の話。Xbox360でぎりぎり鑑賞に堪える画質。X5は作りは安いけど、当時としてはいい再生回路を積んでるはず。MDT242に繋いでみたいけど、スカパーやらなんやら繋がってて面倒。

[ カテゴリ:日記 ]



http://vainsystem.net/ Webmaster:こういと