[画像]

vainsystem.net


2008/11/30 [Sun]

[浜名湖] SG第11回競艇王チャレンジカップ 最終日 優勝戦

12R 優勝戦

1坪井康晴 2作間章 3笠原亮 4田中信一郎 5赤岩善生 6吉川元浩 (レース映像

[レース結果]

いやあ、昼に2,3個レース買ったらあまりのくだらなさに寝ちゃって。起きたら優勝戦終わってたよ(笑)。よくみてねーけど、展示で笠原が大外、本番ナリ。23S遅れて、カド田中が軽く絞ってまくり差し、内56差し差しで1-65。2M以降1-6-5体勢。坪井が2周2Mマークを外して一瞬16併走も絞って先頭確保。3番手なんか入れ替わってて164 640-1970決着。

作間がうんこなのはわかってた事として、笠原な。S展と入れ替わったうえに張り込まなくちゃいけない立場。実にありがちなスリット。田中の中途半端な捌きも妥当な所。カドで仕事をするとは思えない。56内差し差し23番手というのは、似非SGに実にお似合いの1M展開。というか、赤岩(笑)。165持ってた人ご愁傷様。この程度ですすみません。

赤岩は4着だったので、賞金王12番目決定とか。本当に申し訳ない。味噌帝国を代表して謝る。大丈夫、空気だから。

舟券としては大体予想通りのあたりだったが、本線で買えていたかというと微妙。まあいいか、20倍だし。さあ、かっぱくんと戯れにいこうかな!あいつを倒さない事には僕に未来はない。

[前日のあれ]

優勝賞金2500くらいでいいんじゃねーかCC。ていうか廃止でいいよこんなの。例年同様、盛り上がりのカケラも見せないCC。当確がインに座ってあーあという感じ。

脚的には、上のレベルでそう差は無い感じ。吉川が目立っていたが萎み気味。ポイントとなるのは、どう考えてもピット出悪い笠原の進入。こいつがナリるか、外に出されるかでだいぶ話が違う。

まず、ナリの場合。45カド。まくって展開作ろうって気概があるのは笠原しか居ない。作間は準優のへたれぶりを見るに泥壁の可能性が高い。坪井もSは早いので、笠原はまくり差しに構えるだろう。するとまあ、直外内差しで1-43あたりが本線になる。まくりきりは可能性低い。そこまでS出るとは思えない。たぶん人気所はこのへん。

笠原が外の場合、124/563とかそのへん。赤いわはいくら馬鹿でもカドに持ち込みたいだろう。/36か単騎もあるかもしれん。こちらはちょっと悲惨。センター一斉に差しで、何が23着でもおかしくない。くじびき。ナリだと2Cの作間はいらんと思うが、こちらの場合は23着抑えざるを得ない。赤いわがS出る可能性は無くはないが、また適当にこざかしく割って入ろうとして爆死だろ。ただ、その場合吉川が怖すぎる。2着も十分。

展示ナリって本番外、もしくはその逆なんてのは十分ありうるので、両面抑えたい所だが、インから買うのにそんなのじゃ話にならない。展示を見てビシッと絞れ。3単なら多くても8点以内で仕留めないとだめだ。

穴の場合。作間と赤いわは鉄板で不要。こいつらのレベルでは、Sで仕事をするかすら怪しい。笠原が外を握った場合は、坪井も懐を開ける可能性はある。田中差し抜け坪井残し。これはありがちなので、配当は安めだろう。吉川の差し抜けはよっぽど展開流れれば。前付けが居ないので、たいした穴は出そうにない。

今出てる情報だとこの程度まで。あとは展示で。風が強かったら回避する。ろくな事にならん。

[ カテゴリ:競艇::SG ]



http://vainsystem.net/ Webmaster:こういと