Old Log vol.12

蒲郡・多摩川周年記念



2002/07/02

■マクル6

パリティビットにページが追加されていますな。振られたので検証してみましょうか。

レースムービーを見る。起こし(加速開始)の感じ、ターンの感じは、デフォルメされている割にはかなり本物くさい動き。とりあえずは過去の競艇ゲーム(バーチャル、1500)は確実に越えているモノと思われる。そんなクソと比べちゃあ気の毒だが。

全体的に、ゲームらしくアレンジされていて期待できるんじゃないすかね。競艇をリアルにシミュレーション化しても、スタートは切れないわマクリ差しどころじゃないわで面白くないだろう。待機行動、スタート、ターンなど、キモとなる部分はちゃんと考えられてる感じ。今までの競艇ゲームはそこらへんがおざなりで、ただのレースゲームになっていた。チンタラと3周回るクソレース。

あとは、競艇場やレースタイトルは架空だけど、SGだけは実名なのはアツイ。一般戦を走りまくってダービーだけを勝つ選手を作るぜ!得意技は後付カド、もしくはまくりだけ。まくりー。

そうだ。タイトルにマクルとか付いてるのはよくわかってる。まくりは競艇の華なのだ。舟券はまくりで取るのが一番キモチイイ。実際のレースを挙げると2000年の賞金王決定戦(優勝市川哲也)。ムービーを見ればアツサが伝わると思うがどうか。3コースからスタート決めて見事なまくり勝ち。これはオレが初めて1個レースで10万超の払戻を受けたレースなので印象深いのだ(どうでもいい)。

ま、間違いなく発売日ダッシュするので、実際にプレイして競艇を知らない人が遊んで面白いかどうか判断するよ。今出ている情報だけではよくわからん。


2002/07/03

■三国 女子リーグ 初日

10R

インの1藤家とカド(受け)の4栢場が人気になってるが、女子戦の基本として(配当はともかく)「逃げたら穴」というのがある。ほんとに逃げねえ。まず最初に考えるのがカドがまくれるかどうか、次にマークが差せるかどうか、最後に逃げを考える。

つうか電投口座は1万円を切っている。しかたないので3連単100円勝負だ。三国は目展示が効く。展示を見ると伸び、回り脚ともに2田口が抜群、ついで6永井。栢場の人気はA1級だからという程度のモンだ。カド濃厚の田口がまくるなら栢場は一銭もいらん。

と、いうわけで、買い目は126ボックス、236ボックス各1枚。結果、外早いSで田口がカドからまくり、栢場はドカ遅れですでに終了。藤家をまくりに行くも流れ、マーク差しの5コース永井がザックリ好ハンドルまくり差し。田口もまくりきって6-2体勢。ここまではバッチリ当たっている。あとは3着!1とか5とかが絡んでいたが、こうなると捌きだけで生きている橋谷田の出番。キッチリ捌いて3着、6-2-3 28070円のクソ大穴1枚ゲット!ヤター、1枚とはいえ俺最高配当更新〜。満州を取る時はなんか橋谷田3着だな。いやあ、女子戦は内が無駄に人気になるので実に食える。

11R

6号艇向井タン。いつものように買わねばならない。展示は皆ダラダラで、まともに回ってるのは向井タンのみ。しかし堀之内や柳沢は怖いなーてことで向井タン2着流し。結果、堀之内が内絞って向井タンに好展開。またもやザックリ好ハンドルで6号艇差し抜け、6-5-3で3満州。向井タンは外だと相変わらず人気にならないのでウマい。これは買えたなあ。本日三国は後半大穴4本でご愁傷様。取れれば儲かる。

■津 一般戦 初日

12R

3本部対6正木。実力順で行けば余裕で3=6なんだが、これがなぜか高配当。3-6で12倍、6-3だと30倍弱。ついで人気は4湯川。こんなもんなにも考えずに3=6だ。3=6を5枚ずつと、3=6-4を1枚ずつ。結果、3コースから本部がまくって1着、2着に正木で3-6-4。1万儲け。なんだ、当たる時って余裕だな。

つうわけで、2個レースで4万回収、購入は数千円なのでぼろもうけ。クソ宮島のSGではやられたが、簡単に取り返した。世の中こんなもん。


2002/07/04

■蒲郡 GIオールジャパン竹島特別 開設47周年記念競走 初日 前日展望

ナイター周年キター!! 俺のホームプールということで、盛り下がりまくりのクソSGだったグラチャン用資金の残りをキレイさっぱり突っ込む勢いで行きたいと思う。

今節の注目は、前節SG優勝戦でFを切った西島がどのツラ下げてやってくるのか。西島は浜名湖周年を最後にF休み→一般戦回り3ヶ月となり、この周年が賞金王への勝負駆けとなる。現在賞金9000万円弱なので周年で稼がなくても結構な確率で乗れそうなんだが、西島だけに勝負しにくること確実。

そして、昨年賞金王でFを切り、一般戦回りだった山崎智也のGI緒戦。ナイターではめっぽう強いだけに活躍が期待される。つうかなんか買っちゃうんだよ、智也は。そうピンラッシュするわけでもないんだが、なんでだろうな。どちらかというと1Mで沈み、道中競り勝って連に絡んでくるタイプ。

初日の番組を見渡すと、センターから外枠にスタート野郎が配置されている様子。蒲郡は水面がだだっぴろいので握りたい放題。逃げも十分、一気まくりも十分、要するになんでもありなので、結局は展示が決め手。モニタをじっくり見ることをオススメ。

5R

1 島川 2 斎藤 3 伊藤誠 4 金子龍 5 丸尾 6 江口

伊藤と金子が比較的Sが早い。江口が内を伺ってカド受けになれば非常に楽しいのだが、最近の江口はそうゴリゴリとコースを取らない。希望としては126/345。これならばもう地元のスタート野郎伊藤がダントツのSから一気まくり。当然買い目は3=4,3-5推奨。GIだからそう単純では無いと思うが、まあそこら辺は当日の気配を見て判断。

9R

1 藤丸 2 後藤 3 吉田徳 4 伊藤誠 5 佐々木康 6 向所

普段なら迷わず藤丸のイン戦から買うところだが、ここ数節(徳山周年、GC)の藤丸はピンとこない。コース取りも淡泊。ここはいきっぷりの良い若手が外456に配置されていることもあり、簡単には逃がしてくれないかも。伊藤がまくるだろうが、全体的にSが早いため、内枠からの差し、マーク差しが面白いかもしれない。オッズ次第で柔軟に。基本的には藤丸の逃げ信頼。1=4 1-5 4=5

12R ドリーム戦

1 松井 2 山崎智 3 今垣 4 大嶋 5 烏野 6 西島

すこぶる豪華メンバー。地元の大嶋が入ってるところが蒲郡の情け。今なら仲口を入れた方がオモロイ。2枠に智也、大外に西島と、荒らしたい気満々の番組。

コース取りが非常に難解。松井のインだけは固定でいいと思うが、他はかな り流動的。大嶋、西島が内を伺うのは確実で、智也は2コースはウマくないので カドにしたいが今垣と烏野も居る。それならばと主張して、1623/45で大嶋がカ ドに入らされる、てとこか。今垣次第では163/245、1623/45とか。大嶋が頑張れ ば146/235、1462/35とか。おお、きりがないな。

予想にならんので、一応松井の逃げから。カドからグイグイ行く奴も居ないしな。1=6 1=3

■蒲郡アナのサイト更新(向井たん付き)

好モーターをひいた選手を紹介。辻(3R,10R)の49号機は先月の女子戦で大山博美が乗って回り脚、伸びともに抜群だった。10走7連対1着5本。大山が優勝に乗るくらいだから程度がわかる。

瓜生(6R,11R)の57号機は女子戦では大島聖子が優出、GW開催(初ナイター)では原田幸哉が3コースからの強烈な差しでインの大嶋をもろともせず優勝、3月女子王座の裏開催では3714 梶原正(A2)が2コースからまくりで5号艇の濱村芳宏を寄せ付けず完全優勝。Sから1艇身出ていくとか言ってアホみたいに出ていた。

勝野(6R)の18号機は蒲郡のエース機だが、最近は乗り手に恵まれず目立った動きはナシ。5月の新鋭戦で星野太郎が乗り優出したが乗り手がアレで道中逆転されまくっていた(余談)。GW開催ではA2の中世古が乗り優出。かなりのパワーで伸びていた。俺が中世古のまくり本線で買えたくらいだから相当か(当然大穴)。あと5月の一般で加瀬が乗り優出2着。

ボートは前節から交換でほぼ新艇。モーターはMB記念終了まで使うと思われる。直前に入れ替えたら話にならんがもう11ヶ月経ってるらしいので怪しいな。(追記:今節を含めて残り2節だそう。MB記念大変だなあ。)

■蒲郡 GIオールジャパン竹島特別 開設47周年記念競走 場外発売日程

MB記念の前哨戦ということで、意外と全国発売だったりする。今回売る場はMB記念も問題なく買えるという事ですな。ナイター開催となると全場発売は難しいかもしれない。記載が無いのはWebサイトで確認出来なかった場なので、運がよければやってたりするのかも。

併用を行う場もチラホラ。本場を売りつつ、3時頃から場外と併売、4時頃から専用場外になるわけか。11時から20時半まで遊べるとは、金いくらもってきゃいいんだろうね。(途中から行け)

蒲郡も一般戦の売り上げは結構厳しいので、ここでガンガンブチこんでトトまるのエサ代にしてやってくださ。

競艇場 4(木) 5(金) 6(土) 7(日) 8準優(月) 9優勝(火) MB記念場外発売予定
01# 桐生 無いかも
02# 戸田 無いかも
03# 江戸川 6日間発売
04# 平和島 2日間(準優・優勝)
05# 多摩川 6日間発売
06# 浜名湖 6日間発売
07# 蒲郡 本場
08# 常滑 6日間発売
09# 6日間発売
10# 三国 6日間発売
11# 琵琶湖 無いかも
12# 住之江 6日間発売
13# 尼崎 無いかも
14# 鳴門 6日間発売
15# 丸亀 6日間発売
16# 児島 6日間発売
17# 宮島 6日間発売
18# 徳山 2日間(準優・優勝)
19# 下関 6日間発売
20# 若松 6日間発売
21# 芦屋 更新が6月で止まってるので不明
22# 福岡 後半3日間発売
23# 唐津 6日間発売
24# 大村 6日間発売

○…専用場外 ◎…併用場外 (注)適当なので各自新聞等でご確認ください。

夜に売るのは大変だろうに、よくここまでまるめこんだもんだと思う。住之江が専用で全日売ってくれるのは実に心強い。あそこは売り上げのケタが一個違う。

■蒲郡 GIオールジャパン竹島特別 開設47周年記念競走 初日 結果

3R

イン屋の鈴木の逃げもあるが、これは2コース辻が機力で軽く捌ける。辻がまくりになれば2着は佐々木。展示で三好がかなり好気配だったので2-3=6の本線で勝負。結果、辻は余裕でまくり、展開を見た三好が好ハンドルで2番手、3番手を佐々木と5後藤道で競る。佐々木はターンだけなら後藤なんかは相手にならないはずだが、握っていくばっかりで捕らえられない。後藤はチルトを跳ねてて伸びるのでターンで追いつけないなら終了。2-6-5で8020円。うむぅ。

5R

江口がカド受けで伊藤のカドまくり期待。展示で乗りづらそうなのが気になったが、ここまでまくり気配なので買うしかない。前日予想通り3=4,3-5。結果、伊藤はやはりS鋭発も、江口がカド受けから意表を突いて伸び先まくり、こうなれば伊藤マークの金子ウマー。差し抜けて頭で4-63体勢。2M伊藤が先マイでこれなら4-3だろ、と思ったがターン出口で振り込み4-6に。6着&不良航法-7点獲得。氏ね!

9R

藤丸は気配的には逃げられそうだ。伊藤は前走カドから失敗してここもカド戦だが、全体的にSが早いのでまくれないと思う。そうなれば外の出番ということで1=5を本線で買う。結果、藤丸は逃げ、差した後藤浩が2番手、佐々木もいいところに入っていってバックでは2着までありそうだったんだがやはりターンがイマイチ。1-2-5で決着。別段脚が良かった訳ではないので、展開を捕らえられなかったのなら仕方ない。今日佐々木に2度もヤラレた。

10R

気配がいいのはカドの都築、大外の辻。特に辻はモーターがダントツでいい。かといって決め打ちで狙うのは厳しすぎるので136ボックス他で。1大賀は脚は劣るがイン戦なら、3太田は展開を見る目がずば抜けているのでセンター戦は買い。都築に太田はまくれまい。抵抗されて外に展開を向かせる役。

結果、都築がカドからS行くも太田が抵抗、まくり切れず。全体的に流れ、大きく回って展開を見た辻が最内差して頭、23番手に太田、大賀で6-3-1。2連3360円、3連13120円の満州。なんだろう、気合い入れて10枚20枚入れた満州券はカスリもせず、こんな風に買った1枚ボックス満州は簡単に当たりやがる。

11R

江口の逃げなんぞはかわんでよし。本命に推すのは4仲口、5瓜生のどちらかだ。仲口はコースが取れそうで、そうなるとカドもありうる瓜生が面白いか。機力はかなりキている。5-(1=4=6)、156ボックス、135ボックス。つっこもうかと思ったけど悩み所が多すぎてヘタレた。

結果、124/563で大外後藤がS鋭発、須藤は先手を取られたかと思いきや最内差して1着、2Mで6-4-1も道中2野長瀬が3着逆転。江口はどうやら伸び型のようで艇間をツメるも及ばず、結局6-4 6830円、6-4-2 44720円。3着に野長瀬が来て大荒れ。江口なら18000円。須藤の気配は良かったんだがなあ。大外かと思ったら買えないわな(ボックスで2点買ってるけど)。結局勝負しなくて正解。4満州になるとボックスでも買えない。

12R

進入は1623/45。今垣、大嶋がS鋭発(といっても.30と.29)、今垣が絞るも西島が抵抗、よしゃあいいのに抵抗し続けて大嶋をコカし妨害失格(というか大嶋が西島に突っ込んでいった)。なんなんだ、お前は……。どれだけレースをブチ壊したら気が済むんだ。まあ、結果的には今垣-松井で人気サイドなので暴動は起こらなくて済むかと。良かったね。つうかシラけた。ああいう場面では素直にまくられろ。気合いが入るのはわかるんだがな。

今日は全体的に荒れ気味も、展示で表現した奴がそのまま来てるという感じなので、手広く買えば取れない事はないかと。そもそもオッズの付き方がちょっとオカシイので、オッズはあまり気にせず買うといいかも。GIクラスの選手では今期初ナイターという選手も多いだろうからこんなもんだろ。

(追記:西島は賞典除外)


2002/07/07

■蒲郡 GIオールジャパン竹島特別 開設47周年記念競走 4日目 結果

4日目は危険極まりないので少な目に。2,3日目に打ってないので禁断症状が出そう(病気かよ)だがここはグッと我慢だ。

5R

辻のイン戦vs今垣。どちらも仕上がっているので、これは1=4でどうしょうもない。1-34が人気だが、柏野なんて買わなくてヨシ。展示気配では吉田一郎が良かったので1-4,4-1,1-5。これで。結果、今垣差すも届かずあっさり1-4。3番手柏野で3連単3ケタだったが、3周2Mで吉田が逆転1-4-5。柏野ショボ!マジショボ! それはともかく2連単310円1番人気。おう、迷わず3連で買うべきところだったな。トリガミ寸前。

7R

5松井が勝負駆け、3須藤が脚抜群。展示では松井はかなり良く見えた。内枠は今坂、大賀、吉田隆、これなら捌けるかと思い松井から3連5-136。結果、3コースからまくり差しに入るも吉田がクソ邪魔、もまれてる間に1-3-6。着外かよ!こりゃ今日はダメか。

10R

イン智也、2瓜生、5辻。エンジンパワーでずば抜けている2人が相手では、智也のイン戦なんか絶対もたない。そもそも脚がたいしたこと無い。それでも人気になってるのでこれは勝負レースだ。展示の気配からおもしろそうなのが3後藤浩。234着しか取ってないが、勝負になりそうな脚。まくっちまえば2=3でいいかもしんない。後藤がダメなら外佐々木、辻。これだけ絡めればヨシ。まくろうが差そうが有利に運べそうな瓜生を頭に2=3,2-4,2-5。智也一切いらん。

結果、後藤がコースを取って勝負に出る。内2艇遅れ、瓜生がS決めてまくり、ベタに2-4で決定。展開は違ったが当たればよし。これがなぜか2080円もつく。ヤター。

11R

予選は10Rまででここから一般戦。メンバー的に原田の逃げで堅そうだがどうもオモロナイ。一般戦ということで荒れてもともとなので、ここは展示気配の上から4艇、1246のボックス24点1枚ずつで買ってみた。4艇ボックスを一度買ってみたかったのだ。

結果、水野が意表を突いてS一撃、水野のまくりを見て川崎が差し抜け、1M抜け出したのは4-35。原田、吉田が23着争いに絡み、最後も写真判定になるが435 19840円の穴。なんと、切った2艇が23着。これはかなり鬱だ……。一般戦こええなあ。

12R

西島の逃げで仕方の無いところではあるが、なんつってもどうでもいい一般戦。西島の頭は1-5の1点にして、本線は比較的まともな脚でSが決まってるセンター戦の鈴木茂正から5-1,5-2。冷静に差せる長溝を2着本線。結果、鈴木がカドからS一撃、内がこらえて5-21体勢。西島と長溝がラップ。5-2きてるよ〜。長溝は道中何度もリードして西島相手にツケマイまで放ったのだが力つきる。512で2連1880円、3連6210円。はい残念。うむぅ、5-2だったら40倍本線でデカかったのだが、西島が絡むと当然安い。まぁ当たるだけいいか。西島頭でカタいとか思わなかっただけマシ。


2002/07/08

■蒲郡 GIオールジャパン竹島特別 開設47周年記念競走 5日目

帰宅したら10Rが終わってた。なんてこった。

9R 準優勝戦

1 太田 2 瓜生 3 原田 4 川崎 5 都築 6 山崎

なんか太田がS決めて逃げたらしい。2着に瓜生。

(前日てんぼう)接戦レース。エンジンパワー上位は瓜生も2コースとなるとどうか。

10R 準優勝戦

1 今垣 2 仲口 3 勝野 4 池田 5 藤丸 6 今坂

枠なりからカドの池田がS鋭発でまくりきり。2着に今垣。この展開で内残せるのはたいしたもんだ。もうエンジンどうこうではなくSだけで決まったレース。

(前日てんぼう)今垣の逃げが人気になるだろうがS不安。エンジン上位は今垣、勝野、池田。センターがいちかばちか早いSを決めてくるとどうなるやら。

11R 準優勝戦

1 辻 2 須藤 3 柏野 4 佐々木 5 江口 6 金子龍

ようし、買うぞう。辻のモーターは万全。Sさえそこそこに行けばどうやっても逃げる。オッズを見ると1の頭から2345と5倍、1-6だけ20倍。さすがにここまでカブると逆らいたくなる。2着絞れん。辻の頭は1-4の1点にして、本線は佐々木のセンターまくりにしてみる。1=4,2=4,4-5。結果、辻が全速.03のSで悠々逃げ、内3艇134が早いSでこりゃあ1-3=4かと思ったら佐々木が振り込みやがる。失格で結局135。エロが3着屋の本領発揮。面白み全くなし。

(前日てんぼう)辻は抜群。23着は接戦なので、エロ3着流しでもしてみるか?

12R 一般戦

いつものようにナイターの12Rは捨て戦。基本的に捨て戦は荒れる。大嶋の逃げが人気になってるがここはボックス買いで穴狙い。展示を見ると出しているのは1大嶋、3天野。伊藤も悪くはないんだが乗れてないのでS行くだけ行って飯島にいいところを突かれる役。大嶋はインから残すとして136ボックス、大嶋が叩かれた場合の236ボックス、伊藤がまくっちゃった場合の1-5=6。以上。結果、天野がカドからS決めてまくりきり、大嶋がこらえて艇団抜けだし3-1体勢、3着伊藤がリードするもやはりイマイチ乗れてない。道中2Mで飯島にかわされて316決着。10100円の満州おめー。

と、いうわけで、蒲郡は打っても打っても減らない。今日満州とったのに増えてないのは俺が居ない間に減らした奴がいるからだ。弟もそう悪いリズムじゃないみたいだけどね。最終は135ボックスを持ってたようだ。どっちにしろ当たりで、高めの俺の方が来る、と。(伊藤3着だと60倍)


2002/07/09

■蒲郡 GIオールジャパン竹島特別 開設47周年記念競走 最終日 優勝戦

9R

9Rから。展示は2三好、3天野、4小林。1後藤はここまでピン無しなので狙いたい所だが、人気になってるし裏付けが何もないので切り。6丸尾はボート交換も前走転覆の影響の方が大きいと見て切り。3=4中心。結果、2三好が2コースから先まくり、天野がそれを見て2-3 1430円。三好がまくるのか。それはちょっとよめねえ。

10R

展示は2原田、3須藤、6大嶋。5川崎、6大嶋が内を伺って、カドは原田か今坂か。機力からいけばまくろうがマークして差そうが原田だと思う。須藤はそれをきっちりマークできれば。原田がマーク差しならインが残す確率が高いので大嶋の2着。2=3,2-6,3-6。結果、今坂がカドからSいって絞りマークの原田に絶好の展開で差し、内こらえて大嶋。読み通りも押さえなのでもうひとつ。2-6 1620円。

11R

展示は1仲口、2江口、5勝野。都築のカド戦だろうが、今節夜になるとSが行けてない(昼なら早い)。都築が絞ってくれれば機力抜群の勝野の差し、まくるだけで飛ぶなら仲口の逃げ、江口の差し。智也が怖いがS行くほうでは無いし、やはり機力がだいぶ落ちるので切る。1=2,1-5,2-5。結果、枠なりも智也が3カド進入。江口のカド受けではもたないかも、と思ったがまくったのは都築。智也は差し構えで、そうこうしている間に仲口の逃げ、江口の差し。江口が2番手につけてるとヒヤヒヤだが、追撃する智也と都築をうまくかわして1-2決着。1-2 620円。

12R 優勝戦

1 辻 2 池田 3 太田 4 柏野 5 瓜生 6 今垣

2連単 2-1 1710(7) 3連単 2-1-6 5680(21)

展示では2池田、3太田、5瓜生。辻と今垣がイマイチ良く見えなかった。今垣の展示がわかりにくいのはいつもの事だが、これは判断が難しい……。オッズは辻から柏野だけが20倍で後は10倍弱。さすがに優勝戦だと辻の逃げじゃ信頼できねえてのが大勢か。コース取りが難解で、池田が主張かカド狙いか、今垣はどこまで入るか、など悩み所多数。俺は池田がコース主張すると見て126/345。今垣と太田がそこそこに早いSを切ると見る。そうすると機力上位の今垣から行くべきなんだろうが、池田が邪魔。なので展開みて太田の差しからいくことにした。3-1クソ本線,1-3,1-2,3-5,他押さえ。

結果、今垣が早いピット離れからおもくそ入って162/345。パワーのある池田がスローに入って太田にも展開が向きそう。Sは揃って池田が3コースから強烈なツケマイ、辻を沈めてあっさり先頭、辻が機力でこらえて2番手、3番手池田がまくった分太田が差して入るも道中今垣が逆転、2-1-6で決着。池田がGI初優勝。

いやあ、地元の若手がGIを取るのは嬉しい。しかし舟券的にはどうにもこうにも。あ、一応ウラは持ってるのか。なんにもならんけど。超抜の辻を直接ぶったたいて勝ったのだからこれは池田の完勝だな。池田おめー。感動した。次はSGでの活躍を期待したいね。SGとなると他の若手に置いて行かれてる感じだからな。

口座の今節収支は最終で50枚入れて負けたが+2万程度。沢山打ってたらどうなってたかわかんないけど、初日の口座残高が6,7千円という事を考えるとまあまあじゃないっすかね。優勝戦取りたいんだがなあ、一番の混戦なんだから突っ込むのはオカシイよな。うん、オカシイ。(といいつつ毎回ぶっこむ)

( ´`)<完敗れすね……

(前日展望)辻の逃げは万全。今垣はカド受け、池田はカド狙いか。ベタにいけば1346/25。池田はこの並びだとまくるのは骨。太田、柏野はこの中では落ちるので、こいつらをどう見るか。1の頭は全部3ケタっすかね。どうすっかなあ。


2002/07/10

■多摩川 GI 周年記念 ウェイキーカップ 5日目 準優勝戦

今日は準優から。

10R 準優勝戦

憲吾はそれほどいい脚じゃないらしいが……勝負強さを考えたら頭固定で行くしかないか。2コース野澤は憲吾とSが揃ったらツケマイに行きそうな気がする。いや、さすがに差すか?とにかく野澤がまくろうが差そうが3コース濱村がウマそう。よし、ここらへんから1-3,1-4。憲吾の頭は人気なので2点だけ。

結果、後藤孝が前ヅケして入り126/345。こりゃちょっとオカシクなったぞと思ったら濱村がカドからS鋭発、まくり切ってしまう。野澤はエンジンパワーがあるのでまくられながらも残して23ラップ、2Mで濱村が差して頭。3番手平尾が航走も道中振り込んで後退、3着に濱野谷。ううむ、結局エンジンパワーで抜けていた2人の組なのか。

11R 準優勝戦

1高濱は展示で見ても明らかに超抜。逃げは固定でいいか。4秋山の2着が3倍程度と人気だが、外に北川、倉谷では大外濃厚なので切り。気配はめちゃくちゃいいんだけどやはり大外は割り引かないと。展示で特別良く見えたのは2大場。2コース主張で34の強襲から差せない事もないか、ということで2-1押さえ。本線は1-2,1-6。結果、倉谷北川が入って23コース。高濱は逃げて、結局内々の165で決着。当たったけど安いね。

12R 準優勝戦

ここも1西田が抜群で逃げ中心のオッズ。展示を見てもやはりそんな感じなので逆らってもしょうがない。滝沢はカド付近からまくって外に展開向かせて飛ぶのが仕事、そこで差せるのは玄馬。今村はキッチリ差せば2着本線。3連単で1-(3=6=2)を本線。スタート野郎が居るので荒れる要素もある。外が仕掛ければ西田が牽制して今村の差しきりもあるかってことで押さえ3-1,3-6まで。

結果、2村田が主張して123/546の滝沢カド。滝沢がお約束通りSいくが、カド受けの今村も意表を突いて早くこれではまくれない。今村が先まくり、滝沢はまくり差しを狙うも今村にひっかかって終了。今村がまくりきる。35がまくれば46に絶好の展開。玄馬が最内差して伸び、ぎりぎり2M2番手で抜け出す。おおおお、このままいけば3-6で2連単90倍以上!いけー!玄馬いけー!とムチャクチャアツクなるも追走する山本が食い下がる。内を取られ、最終Mで3-4決着。ああー、機力は似たようなモンだと思ったから腕の差か。当たりはしなかったもののコレは熱くなった。1-6でさえ30倍ついてたからなあ。


2002/07/11

■多摩川 GI 周年記念 ウェイキーカップ 最終日 優勝戦

1 高濱 2 今村 3 濱村 4 野澤 5 倉谷 6 山本

2連単 1-2 630円(3) 3連単 1-2-3 1630円(2)

展示気配が抜群だったのは濱村。高濱と比べても遜色ないと思った。問題はコース取りで、濱村が4カドを取ればこれはいってしまう。野澤が5カドの場合はちょっと遠く高濱が有利か。野澤は平和島記念でカド鳥飼マークでツケマイに行った。要するに確実に頭勝負に行くはずで、ヒモは一切要らないと思う。舟券は濱村がカド受けorカドからまくって3-1,3-2、野澤のカドなら4-1,4-3,4-6。普段ならコレで終わらせるが、高濱はやっぱり出てるので123ボックスを1枚ずつだけ押さえ。計40枚。本線は3-1と4-3。色々あるのでちょいと変則的。

結果、125/436とちょっと読みづらい進入。野澤がカドでマークが濱村になっちゃったか。こうなると野澤のカドまくり-濱村マーク差しのベタ展開に期待するしかない。スタートは野澤がカドから出てこれは行くか!と思わせたが高濱もいいスタート。高濱が1M先取りで、野澤は差しに切り替えるも角度悪く23の差しが入る。バックは1-23-45体勢。道中23番手234で競るが、野澤が2周2Mで倉谷の突進をくらって後退、今村が2着をとりきって今村ぶり(優勝戦てきとーに23着)を存分に発揮。

と、いうわけで、高濱がGI初優勝。29歳の誕生日とあわせておめー。本人がインタビューで言ってたけど、道中のヤラレ癖(最近の記念で何度もやられてる(俺も))をどうにかすればもっと上が見える。あと、展示は表現しないほうだね。出ててもあまり良く見えない。

舟券は当たったもののトリガミだよ。いつもはマイナスになる券は絶対に買わないんだけどなあ。まあ、ちょっと戻ってきただけいいか。よく考えたら高濱を押さえるなら1の頭だけ買えばいいのになぜボックス買うか俺。ボケてんな。

優勝戦はもうひとつだったけど、8R,10Rの3連を取ったので問題なし。多摩川は水面が広く、蒲郡に似ててやりやすい。

(前日展望)超抜の高濱が1号艇。状況が蒲郡周年に近い。いくら超抜でも優勝戦のイン逃げとなるとどうだろうか、ってこと。今村、濱村、野澤までは間違いなく出てる。倉谷、山本はちょっと落ちるか。1〜4までどれも頭ありそうで混戦と見る。濱村がおもしろそうかなあ。隣が今村だとまくりにいける可能性があるし、倉谷を入れてカドという選択もある。野澤はS行けば機力的にはまくりきり十分。


2002/07/12

また法事とかで土日は山口県に行って来まうす。俺は運転手として採用されてて法事には出なくていいらしいので福岡競艇にでも行って来ようかと。クソ一般戦だけども。PDAとデジカメをもってくのでてきとうに更新するよ。


2002/07/13

■福岡 一般戦 追い山特選レース 2日目(優勝賞金90万円)

[IMAGE]かんもんきょう

朝9時頃徳山を出発、山陽道から中国道を経由して、関門橋を渡ったら九州。そこから九州道になって、福岡ICで福岡都市高速へのり、10分くらいで天神北ランプ。降りたら目の前に競艇場。車でのアクセスは最高の部類。南に歩いて十数分で天神らしいので、全国的にも恵まれた立地だと思われる。つーかすげえところに建ってるよ。徳山からは高速一発ツモで2時間半くらい。

町中にあるので駐車場は余裕があるとはいえない。立体駐車場があるけど、ここに止めると帰りが悲惨。多少遠くても外駐車場に停めた方がいいかも。

[IMAGE]あやしい玄関

あやしさ満点の玄関

クソ一般戦なのに客の入りはかなり多い。さすが、都市部にあると集客力が違うねえ。入ってすぐはボロくさいいかにも競艇場といった趣の施設だが、1M側の建物に入ってみると小ぎれいで冷房が効いている。モニタは情報、2連、3連x2と4台が組でセットで設置されていて良好、窓口も十分な数がある。うん、ごうかく。2階しかないので高さが足りないが、モニタで展示1Mビデオ映像まで流れるので問題ない。場内放送さえまともに出来ない競艇場もあるからな。

というわけで5Rから。はっきりいって福岡はなじみがない。去年の記念は智也が外から差して勝った奴だっけか? よ氏情報によると「インからS立ち後れが多い」「内枠からの差し中心」とのこと。その他、ピットが2M奥にあったり、1M川と混じってうねりがあったり、ダッシュがあまり距離を取れないなど、かなり偏屈な水面といえる。勝つのは難しそうだが、負けなきゃいいや。今回も色々メモした出走表を車に忘れてきてしまったので、展開から結果まですべて適当。確認できませぬ。

5R

エンジンが出てるのは田上でこれがシリーズリーダー。これだけでレースの格が知れる。ここの田上は6号艇で、なんぼ出ているとはいっても頭に推すのはツライ。展示を見ると好気配なのは4牧宏次と5中尾英彦。インの1野末はこれはしょっぱなからイン立ち後れをやってくれそう。よし、野末は切って、牧から数点。3乙津はこの中に入れば格上だが、乙津なので切る。結果、マジで野末出遅れ、牧は勝ったが中尾が3番手で終了。うむう、いいところにつけてたんだがオッサンじゃ無理か。

6R

若手の1関口、イン屋の6渡辺義則が中心。関口はSがめっぽう早いので、これくらいの一般戦ならSだけで着が拾える。カド狙いだろうから、これはもう関口中心だ。結果、関口がインにはいりやがる。若手のインほどあてにならないモンは無い。きっちりさばかれてなんもなし。

10R

一個もあたんねえ。ここは展示で2田上が抜けているのでこれは勝負レースだ。1加藤高史がどこまでインで粘れるかだが、脚的には並程度あるし、Sも田上と同体まではいけるだろ。1=2に20枚ずつ、2-6-14に5枚ずつ、計50枚。結果、加藤はSいったんだが田上が余裕で伸びる。まくりきられて1Mで用なし、2着に6松野で1番人気500円。3連で押さえてるんだが、3着は3上川。なんてこった。

11R

ここも2原田順一が格、機力ともにずば抜けていて頭鉄板。人気がかぶってるので何点も買えない。5坂野が機力が上に見えたので、3着流し。2-流-5と2-3押さえ。結果、原田は勝ったが2着にS決めてまくり差して乙津、3着に6関口で3連12倍くらいのクソガチガチ人気。どうもならん。

12R

後がない。人気は1渡辺=4貞兼だけで、あとは4ケタ。渡辺はイン屋だが、はっきりいって信用出来ないレベル。この中で展示で抜けていたのは3松田憲幸。しかし、メンバー的にどう考えても大外。仕方ないので23着受け、1-3,4-3,1=4-3とかを中心に買う。結果、貞兼と松田がS鋭発、松田は狭いところをまくり差して併走、2Mで抜け出して大外から頭。2着に貞兼が入り、3-4 2000円ちょいで決着。なんてこった、素直に買えば当たりじゃないか……。よく見えたらウラもかわないと。

てことで、全部ヤラレましたとさ☆ 全体的に流れは見えてるんだがツメが甘い。弟もノーホーラでヤラレたんだが、「通えば食える」競艇場ということで一致。クセがあるので初心者にはオススメしないが、レースはおもしろいよ、と。

[IMAGE]負舟投票券

福岡に倒される。九州だと芦屋のほうが素直な水面だね。舟券は最近増えてきている新しいタイプに変更されている。


2002/07/15

■蒲郡 一般戦 蒲郡たなばた特別 最終日

いかん、蒲郡に行かないと死ぬ。

わきゃねえんだけど、夕方からせこせこ行って来た。10Rから。今節はいっこも見てねえのでさっぱりわからんが、まあなんとかなるだろ。思いつきで行ったので資料とかスポーツ新聞とか全くなし。これが良くない。

10R

向かい風が5〜7mくらい。当然まくり、4村越から売れていたが、ちょっと遠くなりそう。展示気配が良かったのはダントツで3向井康博。しかし50を越えたオッサンだ。先まくりはつらいから23着で狙え。と、同行の人に散々講釈をたれておいて3頭中心で買う。3連3-(1=2=4)。結果、向井が3コースからS決めてこりゃまくったろ!と思ったら1小野に抵抗されて逃げられる。1-3はともかく、3着に2福本で穴。2連910円、3連7610円。うーむ、村越が飛んで、B級が逃げて900円か。中途半端に123の組で買ってるだけに腹たつ(自分に)。

11R

引き続き向かい風。これはもう迷う余地なく4川上のまくりから。直マークは5木村浩士なんだろうが、新人なのでおそらく置いていかれると見て切り、2着本線は6原田智和。結果、内3艇遅れて川上が余裕でまくり、5コースマークの木村は川上をツケマイ気味に回って死去。差せっつーの。原田は差すが伸びきらず良くない位置、2M先行したのは内から残した2斎藤智裕。2周1Mで原田は捌けるチャンスがあったのだが逆にガードを決められ捌かれる。脚は良かったのに格下に捌かれてんじゃねえよ。

12R 優勝戦

1 占部 2 川原 3 冨田 4 新良 5 山口 6 片山

出しているのは2川原、3冨田、5山口。冨田は前節周年で辻が乗ってたモーター、山口のは勝野。新良は内に入るだろうから、142/356あたりが妥当な進入。この風で逃げるのは骨だ。脚的に言って2川原がカド受けから先まくり、もしくは冨田のまくりきりだろう。そこらへんから2=3,3-5,2-5。これで。

結果、新良がピット離れ良くインまで取りきる。412/356。川原がS行って絞るも内が抵抗、これを見て冨田の差し抜け。内残して新良、まくって川原、外から片山など来て2番手は2M勝負。川原は23着は十分な位置だったと思うがハネて終了、新良が2着を取りきる。3着に山口で3連満州。3-2 10倍のところ、3-4は27倍でヒモ穴。うむう、脚だけで見たら新良はなんらいいところがなかったのに展開恵まれたな。つうか川原いいかげんにしろ。

というわけで3個レースで120枚ほどやられますた。なんだ、リズム悪いなあ。大ハズシでなく微妙にズレてるあたりが腹だたしい。

■トトまるうちわキター!!

[IMAGE]トトまるうちわ

蒲郡にはトトまるカードというポイントカードがある。来場ごとにポイントが加算され、一定のポイントごとにトトまるぬいぐるみとかのグッズや現金と交換できる。グリーンホールやトッカンだと高ポイント(一般入場2ポイント、グリーンホール4ポイント、トッカン12ポイント)。

そのカードが導入されたのが2000年笹川賞(クマタンが逃げて優勝、2着に智也)。この時登録して、引き替えハガキを入手後すっかりわすれていて、カードを入手したのが今年2月。有効期限が2年なのでまた作るのメンドウだなあ、と思っていたら、インフォコーナーで更新作業を頼むだけで更新できた。今現在6ポイント、トトまる(4号艇トトまる希望)まであと49ポイント。トッカンはクソなので入らんとして、あと何回いきゃあもらえるんだ。気の長い話だな。



http://vainsystem.net/ Webmasterこういと
Made with XHTML1.0 + CSS.