Old Log vol.14



2002/07/29

■SG 若松 第7回オーシャンカップ競走 前検・初日

今節の俺の予定は電投は見送り(オーシャン用に全部出した)、準優は若松本場で観戦、最終日は次の日が月曜日で帰るのがだるいから徳山場外で買う。

仲口、秋山直等が好モーターを引き当てた模様。若松は2M混戦らしいから荒れるかな。いつぞやの田頭の若松オーシャンもかなりの接戦だったなあ。(99年若松オーシャン 1M後方に沈んだ田頭が2Mで急浮上、道中長岡との接戦に競り勝つ)

若松はあまりなじみがないが、よく言われる水面特徴は「インが強い」「満ち引きがある」「逃げ、差し中心」「風がコロコロ変わるので2M要注意」等。初日は満潮の時間なので逃げ有利、最終日は干潮なのでなんでもアリか。とにかく、色々とややこしい部分があるので、出来れば序盤は様子見すべき。ただでさえ最近のSGは若手が絡んできて難しい。

8R 予選

1川崎 2滝沢 3佐々木 4田中 5吉田一 6守田

滝沢の2コースは安心して切れる。そもそもまくり屋ということも有るし、なまじスタートが早いだけにまくるか差すか中途半端で飛ぶことも多々ある。ここはインがSの早い川崎、滝沢はおそらく差しに構えるはずで、外に佐々木、田中が居れば十分飛んでくれるだろう。コメントから見れば川崎=田中だろうがおそらく5倍前後。滝沢次第の佐々木、田中次第の吉田を狙ってみると面白そう。

3連単 1=4=3,1-4=5,4=5-13

12R ドリーム戦

1植木 2今村 3松井 4濱野谷 5今垣 6烏野

当然難解なドリーム戦。有利なのは地元イン戦の植木だろうが、期待を簡単に裏切ってくれるのが植木。進入は今垣が機力悪いだけに内を伺ってカド受け、1235/46ってとこか。展示を見て今垣が本当に悪いのなら伸び型を示唆してる松井の先まくりが面白そう。植木をまくりきっちゃえば3-54、ツケマイが決まらず飛ぶなら植木逃げて1-45とかそのへんか。

2連単 3-4 3-2 1-4 3-5 1-5

2002/07/30

数日中に掲示板でも設置しま。無駄にXHTMLを吐く奴な。

■SG 若松 第7回オーシャンカップ競走 初日

全体的にSが早いが、多少のぞいた位ではてんでまくれず逃げ8本。他4本は抜き2、ま差1、F恵1。いくらなんでも偏りすぎ。SGなので逃げでもそこそこつくけど、当然23着がそう簡単に絞れるもんじゃないし。この調子ではツマランなぁ。全体的にシラケムードが漂った昨年児島CCや宮島GCの悪夢再びか。潮が変わればもうちょっとどうにかなると思うがどうだろう。

選手紹介

逝け神がまたやってくれた。

「えー、大好きな若松、萌え。えー、2ちゃんもいいけど1着目指してがんばりマンセー!」

スバラシイね、ぼくらのヒーローだね。

しかし、間はめちゃくちゃだわ、司会の内田は暑さでボケてるわ、ヲタくせえファン(特に若手と岩崎のファン)はうぜえわで、見ててイライラする選手紹介でしたな。

8R

川崎がインから遅れて(とはいえ.17)滝沢にまくられた。アフォか。その割に1着はまくり差した信一郎。

12R ドリーム戦

植木逃げた。松井飛んだ。今村ピット離れで出遅れるも前ヅケで2コース、さらに.41のクソスタートを切るも濱野谷を振りきって2着。どうなのよ。

もう全体的につまらん。明日の予想なんてやめてマクル6やろう。


2002/08/01

■SG 若松 第7回オーシャンカップ競走 3日目

依然内コースが強いが面白くなってきたー!

6R

オヤジが電投口座に3万円投入した様子。ようし、張り切って使いこめー!!(イクナイ) まあ極端に減らなければ大丈夫だろう。

展示で出してるのは1瓜生、3三角、6天野。2山崎義はSが決まってるので壁になる。1-2でカタイところだが、三角の気配の良さはかなり気になる。人気薄なのでむしろ買わなければならない気がした。そもそも機力は平均以上あるし、Sは早い選手なので、展開さえ向けば。

結果、瓜生がいったん逃げるも追いつかれ16併走、機力で勝る天野が瓜生を振りきり頭、三角が3番手捌いてなんとか残す。613で15190円。もちろん1-3=6はがっつり持っていた。人気薄の三角23着を本線で狙っただけに瓜生が捌かれたのはイタイ。やってくれるぜ。

7R

信一郎のイン戦なら迷わず頭固定。今垣の2着が人気だが、昨日までの脚と展示を見る限りは要らない。それでも今垣だからとは思ったが、バッサリ切って1-4=6等。結果、信一郎は逃げたが2着の加藤を一切買ってなかった。うむ、還暦とは思えない若々しいレースだ。応援したくなるね。

10R

岩崎、瓜生がいい。しかし守田の2コースということは、これは滝沢の逃げでいけそうか。今垣は前走今村暢、大賀に全く及ばない機力だったのでここでも切るべきだと見た。瓜生は遠いが23着なら十分。岩崎が3着に絡んでくると面白い。ここらへん。

結果、滝沢は逃げて2番手に守田、3番手瓜生。岩崎も23着を狙える位置に居たんだが2Mで消える。これはクソガチガチ人気かと思いきや瓜生が追い上げツケマイ逆転、162 3010円で決着。よし、もろた。逃げで30倍本線ならまあまぁだ。

12R

1今村豊は機力は不安だわSは怪しいわでかなり怪しいイン戦。対するは機力上々の2天野、大外から展開突きたい6田中。4神池上が不当に人気薄なのでコレは買う。機力普通と言っているのになんぼなんでも人気がなさ過ぎる。大嶋はイラン。今村がS決まらないとおそらく共倒れだ。迷った挙げ句に146,236ボックス。今見るとちょっと買い方オカシイぞ。たぶん天野がまくるなら池上は潰されると見たんだろう。適当だな。

結果、センターから石田が早いS、天野が先まくりかと思ったが流れ、石田をまくって差した池上がキレイに突き抜け、文句ないまくり差し。23着接戦も2着に機力上位の天野、3着に信一郎で426 19250円。

なんかまた中途半端にハズしたな……。146,246箱でいいような気がするが迷いがあった。

■児島 一般戦

12R

裏開催でチマチマ走っている智也。11111ときてここ2号艇。何度も書いてるが智也の2号艇はイラン。まずSが切れないのでインがよほどヘマをやらない限り死ぬ。それでも当然智也から一本かぶりのオッズが付いていて、頭がありそうなのは3高橋英之、6木山誠一くらい。頭は取れなくてもさすがに連には絡みそうな格のメンバーなので、智也23着受け、3-2=6,6-2=3で。

結果、恐ろしいほどにSでキッチリ出遅れる智也。高橋にまくられそうになるも抵抗、艇がバタバタとあばれて23でやりあってるところを4松浦が差し抜け。それでも2着は確保して426,2連7700,3連18100。あまりに雑なレースなので笑った。

というわけで3000円負けた。負け方も中途半端。


2002/08/02

■SG 若松 第7回オーシャンカップ競走 4日目

うっかり場外に行ってしまった。しかも3Rから。ヨクナイネ。

3R

展示気配がいいのは瀬尾と藤丸。インの濱野谷は明らかに悪い。センターに新美が居てこれがまくりそうだ。そうするとSが決まってる上にいい位置の瀬尾は人気薄でも買える。対抗は瀬尾がまくり差しならそれを見て秋山、藤丸、つうわけで瀬尾から3連4-256。この買い方はすげえ後悔した。

結果、瀬尾が差して2Mで4-2決定、秋山直がまさか2コースから残せるとはね。3番手濱野谷が付けるも藤丸が1度逆転、それで決まれば2満州だったのに速攻でやり返され半艇身差くらいで421。藤丸と濱野谷なら5回やって4回濱野谷が勝つって感じだから仕方ない。むしろ後藤なんぞを絡めて濱野谷を買ってない俺がどうかしている。氏ね俺。

4R

今村豊の気配が異常に上がっている。コメントではかなり弱いみたいなことを言っているけどこれは十分勝負になる。頭はいらんが2着なら。インの馬袋が粘れるかどうかは疑問ではあるけどなんとかいけそうか。大賀もいいので1-6.4-6ぶりぶり勝負。結果、西田がイン取り。馬袋しねや。そのまま逃げて、2着に大外から今村で2-6。あう、西田はかわなきゃいかんかったか。今村を推しただけに残念。

5R

気配がいいのは守田、高山。インの森秋光はかなり微妙なイン戦。2今垣はこれはもう話にならん。いいとこ2,3着。6号艇に勝負がかかる神池上。まあ、買ってやるか。3-6,4-6,3-4等。結果、1M逃げた差したの1=2かと思いきや2Mで展開ザックリで守田が頭。そのまま312決着。うむ、インは切ってはイカン。

6R

気配は田中と太田が抜けている。次いで鳥飼、林。これは堅かろうということで2=5のみ。結果、鳥飼逃げて2着に太田1-5。だからインは買えっつうの。大筋では見えてるんだがなあ……。

7R

内から天野、岡本、瓜生、松井とエンジンパワーで上位の4人が固まっててどうにもならない雰囲気なのでパス。結果、1Mごちゃつくも結局1-4(-2)、1番人気500えん。買わなくて正解。

8R

気配は長溝、大嶋、上瀧。とくに今節の上瀧からはなにか力強さを感じる。ここ最近はSはいかねえわエンジン出てもひとつも絡まないわで以前の気迫はゼロって感じだったが今節は違う。ここ大嶋が1着勝負駆けということでイン取りまであるかもしれない。イン側は絡めるとしても上瀧は買い。6=4,6=1。

結果、大嶋は外。上瀧は3コース進入で、まくり差しから伸びて2M先マイ、6-1決着。うっかり大嶋を本線にしてしまい、長溝の2着は4枚しか持ってない。それでも15倍なので6000円ちょいの払い戻し。しょぼいがまあいいか。

9R

舟券的には全然だったが、加藤はこのイン展開で4カドまくりで1着とはすごすぎる。今節こんなまくりは久々見た。植木が2連から外れると即高配当というオッズがついてたんだが、4-5の状態から3番手の田中豪が植木をぶっつぶして2着奪取、4-1で5000円、415で8000円というすばらしく付かない3連単。一本かぶりの時はよくある事だが、植木マジでどうよ。明らかに超抜なのにこれでは。艇王が聞いてあきれる。

10R

今村豊は引き続きいい。藤丸の逃げはさすがに堅そうなので1=4で勝負。1-4でも10倍つくのでコレはおいしい。今村は人気が無いが、ゆうても今村だぞ。勝率9点台を残す捌きっぷりを忘れてはイカン。

結果、藤丸が懐を取ろうとしたのかピット側に艇を向けて余裕のコース取り。ピット離れで置いて行かれた高山は大外だろうなあと思っていたらスキをついてインに入ってしまう。なんだこりゃ。そしてS決めて逃げてしまうからタチが悪い。藤丸は差して残して3-1決着。3着今村が居たが結局石田。

藤丸は2コースが良いと思って高山を入れたのか、ただ油断して入られたのか。どっちにしても地元でコレはかなりマズイ。あそこから入る高山も高山だとは思うが、基本的には藤丸がヘタレ。とりあえず藤丸しね!3回くらい!俺の舟券は進入で終わってたっつーの。今村のメまで潰しやがって。

11R

吉田一郎、今村暢を狙う。しかし吉田が出遅れ、大外6コースになってしまってメ無し。また進入で終わってしまった……。なんなんだ、せめてスタートまでは楽しませてくれよ。

12R

1野澤=2植木がともに4倍で、これをはずすと10倍以上という偏ったオッズ。野澤のイン戦に超抜の植木、これは確かに1=2で仕方ない。3番手山本は明らかに落ちるし、柏野はなんぼモーターが良くてもヘタレ、よって守田か太田。太田は3着勝負駆け。ここコース取れれば2着まであると思う。しつこく書くがセンターから展開を見る目はズバ抜けている。買い目は1=2-56と1-6-2の5点。126が本線10枚。合計30枚。

結果、逃げた差したで1-2体勢、3番手5コースから太田で126。これでも14倍でそこそこ返ってくるのでいいかと思っていたら道中太田が植木を沈めて162,2連19倍、3連44倍の中穴になってしまう。なんと、植木はまたもや道中で逆転される。得点一杯でまったりしちゃったか?1-2を買ってた人に刺されるぞ。俺は見事5枚押さえてるので22000円の払い戻し。今日は2万円持っていったのでこんなもんで十分。満足。むしろ植木ありがとうって感じだ。

日が進むごとに逃げは減ると思ってたがその通り。センターからの差しがよく決まる。それでも内側は残すので、逃げを買いつつセンター頭の内23着、ここらへんを狙うといいか。明日は負け戦なのでまたちょっと微妙だけど、そう大きくはかわらんと思う。多少逃げが増えるかもしれんけど。


2002/08/03

■SG 若松 第7回オーシャンカップ競走 5日目 準優勝戦

10時頃若松着。都市高速から数十分なので比較的楽。ちなみに若松の前の道路をさらに西に数十分行くと芦屋がある。同じ道路沿いにあるのがおもしろいというかアホというか。近過ぎだろ。宿舎は同じものを使って、基本的には交互に開催するようになっている。

駐車場はSGでも余裕。ここらへん地方の競艇場は有利。いまだに関東の場に行ったことがないのは駐車場の問題が大きい。今まで行ったところでは住之江以外はだいたい余裕があった。

[IMAGE]若松正面玄関

入場してみるとトッカンに若干余裕があったので入場料1000円を払って入る。センタービジョン前の最前列。座席はペア席で、10インチくらいのモニタに2連単を常に表示、ビジョンに3連単を表示。そのほかフリードリンク(自販機ボタン押し放題タイプ)もあり。うむ、良好だね。モニタがレース中に中継に切り替わるともっといいね。ビジョンはなんぼでかくても見にくい。

[IMAGE]若松トッカン

[IMAGE]若松トッカン

トッカンからの眺め。やはり位置が低い。俺ベストトッカンの三国には一歩及ばず。ビジョンは全国平均よりだいぶ大きいが2連単オッズ表示板は無し。

入場時に先着サービスで選手のイラスト入りうちわがもらえた。封を開けてみると新美。うわぁ、好きな選手だけど恐ろしく中途半端だ。弟のは大嶋(ぷっ)、オヤジのは岩崎(ある意味当たり?)。弟が相当納得行かなかったらしく、一回退場して入場料を払って再度チャレンジしてみる。そしたら俺が今村暢孝、弟も今村暢孝(しかも変に似てる)。最悪だ。俺的にはかなり買う選手ではあるけども、うちわとしてどうか。

[IMAGE]

水野要は2枚まとめて落ちてたのでひろってきた。水野のシブさがわからんとは!

さらにもう一回、俺が田中信一郎、弟が秋山直之。そこそこあたりっぽいのが出たのでヤメ。一緒にもらえるスピードくじでビール券とオレンジカード1000円分が当たったのでモトが取れたりして。

[IMAGE]

[IMAGE]

場内を徘徊してみると、1M側はさすがに何ヶ月だか閉鎖して建て直しただけあってかなりキレイ。2M側のスタンドは昔ながらのいかにも賭場といった雰囲気。場内でビールを売っているのは珍しい。

2R

さて、準優メンバーが抜けた負け戦はどういった展開になるんだろう。水面は依然強い向かい風。普通の競艇場ならまくりがばんばん決まるところだが、3日目までのインの強さを考えるとなんともいえない。見た感じでは展示で出している奴が素直に勝っている印象。ここは1秋山直のイン戦だがそんなもんは当然買ってらんない。展示で上位は3渡辺と5烏野。烏野はかなり戻しているように思う。2平尾・6吉川は泥舟、4林はコース取れ無そう、インは残しそう、ということで135ボックス。

結果、烏野が意表をついてイン取り。機力が戻ったので勝負に出たんだろう。このメンバーならそうびっくりはしない。秋山は2コース。Sは揃い、そのまま烏野の逃げ。2番手秋山が取りきって、3番手は吉川。道中渡辺が追い上げたが、基本的にヘタレなので吉川は抜けない。機力は間違いなく勝っているのになあ。516で満州。513でいいじゃんよお。しかし、こんなもんは序の口だった。

3R

今更波に乗ってきた三角のイン戦。ここは素直に買ってみる。結果、島川、新美が45コースから0台スタート鋭発、島川のまくりをぴったりマークした新美がキレイに差し抜けて一発決着。スジで新美-島川6-4。うむう、内が一艇身も遅れてしまってはさすがにまくる。2連5930円、3連38900円(げらげら)

6R

2コースの濱野谷が戦える機力になっているので狙う。インの原田幸と絡めて。結果、濱野谷は差しかと思いきや原田をまくり潰してしまう。おい、原田をしなせては話が違う。これで展開が向いたのが大外の平尾。平尾はSはいかないし機力的にもなにもいい材料は無い。超人気薄が2着に入って人気の濱野谷の頭で2連単7010円、3連単42260円。めちゃくちゃだ。

7R

おそろしくまくりだらけで一個もあたらん。ここは佐々木が狙えそうなのでプチ勝負レース。3佐々木のまくりから。結果、佐々木がSで舳先を出してまくりに構える。よしゃ、これはもろた!と思ったが佐々木はハンドルを入れ損なったかネトロンにぶつかりかけ、切り直している内にマークの4三角が差し抜け。佐々木が内を飲み込んだので外に展開が向いて2着に6秋山広。2連4000円、3連18250円。

8R

新美が逃げるが2Mでやりあい3番手の今垣がザックリ差し先頭。今垣はコーナーごとに機力の弱さが出て新美に追いつかれる。最後には差し込まれて新美が再度逆転。今垣がここまで苦戦するってのはよっぽどのモーターだ。結果的には人気。

9R

機力は濱野谷、山崎義。濱野谷はなんぼ伸び型でもまくりきりは厳しそう。一応まくった差したの4=5他を買う。大嶋のイン戦は間違いなくイラン。結果、濱野谷はまくりにはいくが流れ、マークの山崎がウマー差し。2着に瀬尾はともかく、3着に「何をやってもダメ」とのたまった川崎。3連で買った時点で死去。

準優勝戦

1-2,1-2,2-1で順当すぎるので省略。予想通り準優に入ったら堅くなった。3連で23着ハズシまくり。上瀧の差しは懐の取り方が小汚くてウマかったと思う。

そんなわけで一個も当たらず2万ちょいヤラレ。突然極端に展開が変わりまくりまくり。とてもじゃないけどついていけない。えらい日にいっちまったもんだと思った。

バアちゃん家に帰宅後、他にまるでやることが無くてヒマなので近くのパチンコ屋へ。ヒマ潰しなので何も考えずに出来るパチンコにした。しかし……6,7年ぶりくらいに打ったけど、こりゃ本当に面白くねえな。たまたま打った台がヘタレなだけだったのかも知れないけど、こんなのハンドル持って液晶をみとくだけじゃねえか。ギャンブルじゃねえ。

数十分で3000円のカードが無くなりかけ。さすが最近の台はマッハだ。スロットはもっと速いらしいけど。あきらめて喫茶店でもいくかなあと思ったら初当たり。確変だって。よくわからんけどその後当たりまくる。確変で5連タン。1時間ちょっとで3まんえん分出ますた。いやあ、ビギナーズラックって確かにあるな。今日の競艇の負けが全部返ってきた。でもパチンコはツマランのでもう打たん。勝ち逃げさせてもらうことにする。


2002/08/04

■SG 若松 第7回オーシャンカップ競走 最終日 優勝戦

今から徳山場外いってきまうす。優勝は上瀧はどっかには絡める。普通に考えたら植木が逃げてあっさりなんだが、コース取り厳しいのが2人いるからね。荒れる要素もある。準優12Rも西田が居なければ天野が逃げていたはず。

……行って来た。3Rの藤丸逃げ-水野差し10倍ちょいを狙い撃ち成功で、その金で一日中遊んだ。こういう展開がサイコー。

そして優勝戦。

12R 優勝戦

1植木 2野澤 3上瀧 4天野 5鳥飼 6今村暢

上瀧が2コースを取りきって差し切ると見る。というか思いこんだ。だって、普通に考えりゃこんなもん1-3(4倍)でしょ。野澤はピンかパーかだと思うので2-1押さえ、今村はセンターを取ると展開次第では捌きで2着まで取りきる可能性もあるので1-6、ここまで。3-1に70枚本線、他押さえ1-3,2-1,1-6。1-3じゃトリガミだけど仕方ない。SG優勝戦でなければ1-3ぶりぶり勝負でいいんだけどね。金を持ってても、大抵荒れるSG優勝戦の人気にはつっこめんかった。

結果、天野が出遅れ13264/5の変則進入。植木と上瀧が05前後のトップS、天野と鳥飼が遅れる。1M、植木が完璧な逃げ、上瀧は懐をとって外を牽制しつつ差すも全く届かない。一応「差し切れやぁ!」と叫んでみたがむなしいだけだった。野澤は1M転覆、鳥飼はそれを避けて出番無し、天野は23着争いに食い込めそうだったが今村に捌かれて終わり。136のクソ人気で植木の優勝。

なんというか、言う事はありませんな。ここ1万円程度だけ返ってきて、結局本日は1万円弱負け。4日目+1万、5日目-2万、6日目-1万でオーシャン通算は-2万。中途半端だなー。なんか金が手元に結構残ってるし。つうか5日目あんなにぽこぽこ荒れてしまっては最終日も勝負なんてできん。

植木は地元での優勝は嬉しいだろうなあ。おめー。次回SGはいよいよ初のナイターSGモーターボート記念。蒲郡で8/27から開催。



http://vainsystem.net/ Webmasterこういと
Made with XHTML1.0 + CSS.