[トップページ]

vainsystem.net

2008/01/15 [Tue]

[福岡] SG 賞金王決定戦(07/12/24)

1吉川元浩 2井口佳典 3湯川浩司 4魚谷智之 5松井繁 6三嶌誠司

[競走成績 1-5 1550(7) 1-5-4 7020(29) 逃げ]

TR1回戦で3艇事故が起こり概ね終了。3回戦はさすがに激しいレースだったが、過去のトライアルを知っていると物足りない。短期決戦なので、着順ひとつを最後の最後まで争っていた。今はどうよ。

ここは吉川の逃げで仕方ない。他が勝つ展開といえば湯川のまくり、それに乗じて魚の差し抜けあたりだが、S展のぬるぬる進入を見てもう萎えた。浅すぎてなにも起こりようが無い。ダッシュに引いたところで、この欠陥競艇場では満足な助走距離が取れず無意味。

2以下は混戦なので、消去法で買う。まず、2Cの井口は切っていいだろう。湯川を抑えられるかが焦点になるが、ここで2C捌きに期待するのはあまりにも酷。ていうか無理無理。本当なら6を入れてまくり勝負をしたい所だろうが、三嶌のコース取りは口ばっかりで中途半端だし、このご時世ではどこまで出されるかわかったもんじゃない。脚がいいのに活かせなくてかわいそう。

次、大外想定の三嶌。湯川あたりがまくり気配なので、外の差し23着は押さえたい所だが、内に魚王者ならまず差し場は無い。自力なんてもちろん無いし、無理にコースを取りきるような度胸も無い。消していいだろう。

よって、買い目は1-[345]。2連単じゃちょっと買えない。3連単23着箱。これといった決め手が無いので、セオリー通り高めに多く入れる。本線は1-5-34だ。王者は機力で人気を落としてるが、こんな付くほどの差はもちろん無い。

結果、ぬるぬる進入オールダッシュ。2C井口がSへこむが、無理矢理握って湯川と大競り。23やりあって飛んで脂肪、その間に吉川は逃げ。内差し差しで1-4-5あたり。2M、王者の舞が炸裂して154決着。ここの2Mの王者ターンは一番キレていた。それを1Mでやれよ。要所での23着拾いに関しては天才的。

吉川に関しては、3回戦の大外大まくりを見てれば、誰も文句無いだろう。おめでとう。レースを壊したのは井口だが、湯川がまくってどうだったかな。なんにしても逃げだろうと思う。トップクラスの選手が集まってSが揃ったらそら逃げる。仕方が無い。コース取りでなんか無いとなんにも無いわ。

[IMAGE]賞金王舟券

[IMAGE]賞金王

そういうわけで、10まんえんきました。舟券的には大成功ではあるんだが、どうもなあ。過去の賞金王、2000市川→智也(23倍)、2002植木→田中(17倍)なんかを取ったときは、2連単1点読みで50枚入れてまくりドンだった。進入から展開まで、完璧に読み切って当たっていた。今回は、3連単がたまたまひっかかっただけと言われても仕方ない。実際松井魚谷になんか特別な材料があったわけじゃないし。運が良かっただけだ。

珍しく売上目標をクリアしたそうなので、興行的には成功なんだろう。良かったな福岡。住之江に比べたら面白かったような気はするが……もうやんなくていいよ。水面的に無理がある。

賞金王シリーズ優勝戦

1太田和美 2赤岩善生 3今村豊 4秋山直之 5山崎智也 6上瀧和則

タコ2C想定。今やんが乗れてるが、優勝ではしっかりS行かないのが今やん。SG連覇(笑)がかかる赤岩は、3Cでも小カドになりそうなので買わざるを得ないか。センターまくり気配なので、後ろの秋山差し抜けは面白い。ここを中心に1=4、2=4。

結果、内そこそこに深く222。赤岩まくりを太田が飛ばし内開いて、大外からS出た智也がまくり差し抜け512決着。これはもう文句の付けようが無い智也レース。久しぶりに強い智也を見た。こんなカスレースに出るようなレベルじゃ無いぜ。

舟券としては、それを秋山に期待したんだがな。やっぱりSか。

[ カテゴリ:競艇::SG ]

2007/09/03 [Mon]

競艇 蒲郡MB記念 一人反省会

今回は珍しいモノを見させて貰った。必ず次に生かす。

サンスポ記事から選手コメント。

山本「スタートを行き切れなかったのがすべて。追い風だったから躊躇してしまった」
それにしたってあの浅い進入で.26はない。わからないとコメントしていたが、限度ってもんがある。ヘコんだ時点で、まくられるか、無理矢理先に握って流れて差されるかの二択。2Cまくりが来たら一緒に飛んだ可能性もあるが、魚谷の立場だったらそりゃあ冷静に差すわな。悪くても23着だ。
池田「スタートは放りながらだった。ペラを交換して優勝戦が一番のアシだった。悔いはないです」
もうちょっと伸びてもよさそうなもんだった。出来る事はやってくれたので、買った方としても悔いはない。脚に関しては見立て通り。蒲郡ナイターは脚だけは手に取るようにわかる。
赤岩「スタートは自分の勘を信じて行った。エンジンは最高の状態に仕上がっていました」
そんなのどうでもいいんだよ、コースについて聞けよ。コース取りも中途半端で何がしたいかわからなかったが、S後の捌きも大概だった。池田を抑えるだけ抑えて、市川の後に外握って終わりという。蒲郡でよく見てる選手だが、見ての通りのパンイチクラス。どうも思い切りが悪い。6号艇なんだし、もっとイチかバチかで行って欲しかった。
市川「起こしの位置が理想と違った。中途半端になった。進入も甘すぎたので悔いが残る」
そもそも3号艇てのがな。スローからまくりなんてありえないので、ここからもう中途半端だった。6が上瀧ならよかった。
笠原「1マークは差し場があったが、あと一歩及ばなかった。自分のやれることはすべてやった」
池田頼みなので仕方ない。

準優、優勝と、2連続で2C差しが決まったのが衝撃的で。しかも、さして2C差しが上手いイメージも無い魚が。準優に関しては、進入から懐を取って、速度のある上手い差しだった。インの池田が脚弱めでターン失敗してる事もあって完璧。優勝は、差しどうこうというよりは、山本さんありがとう展開。よほどのヘタで無い限り勝てる。今回のように、なにかしら要因が無いと決まらない技てのは覚えておくといいはず。普通に落として差したら順走が一杯。

舟券的には、2-1で3桁ではちょっと買えない。山本S遅れと見ても、魚叩く展開で2-45とかを買っちゃうだろうし。本当に合わないんだよ、蒲郡ナイターの2C差しは。来ないのに、内側というだけで売れるから。今回は4から行ったので清々しい。1から買ってたら、なんだよ結局内々かよつまんねーって感想だったかも。

しかし魚、なんだか強くなったなあ。めりこみ王子が。大体出してくるので、ペラも合っているんだろう。最近は名前売れが激しすぎて、ちょっと買いづらくなっている。今節の強豪組はホントアレだったな。なんも印象が無い。

売上げは、目標170億に対して158億。場内も平日とはいえ閑散としていた。昔のナイターSGは、初日からまさに祭りだった。もうわざわざ休みを取ってまで見に行かないんだろうね。

[ カテゴリ:競艇::SG ]



http://vainsystem.net/ Webmaster:こういと