[トップページ]

vainsystem.net

2020/02/19 [Wed]

自宅の玄関付近天井から水が漏れてびしょびしょな件

玄関と台所がね、水浸しなんですよ。

異変に気づいたのは先週末。雨降ってないのにドアの外がびしょびしょだったので、なんだこれは?と思った。

次の日。玄関の電気をつけると、壁紙がぐしょぐしょ。これはちょっとただごとではないぞ、ということで、大家さんに連絡。

日曜日。大家さんが朝イチで見に来る。この時点で、玄関は水浸し、キッチンの真ん中にある照明からぽとりぽとり、という状態。バケツなどで受けて、雑巾を敷いたが、一日で水がたまるレベル。もうだめだ。

きのう、照明から水がざばっと落ちて大惨事。配線の穴から水が出て、照明のカバーにたまり、重さで落下。半分くらいで済んだけど、もっと早くカバーを取っておくべきだった。ここまでひどいとは……。

きょう。16時に業者がくるとのことなので、しょうがないから休みをとる。あがった業者の方の一言目「これは ひどい……。」お風呂の天井を開けてみてみたところ、上の家からの漏水で間違いないとのこと。

結果、真上の家のドアの横にある給湯器からお風呂までの間の、お湯の配管から漏れてるとのこと。見えている部分から漏れているなら対処できたが、そうでないので、後日上の家の玄関あたりをぶっ壊して直すとか。かわいそうに。とりあえず閉めてもらったので漏れは収まったが、上のひとが開けてお湯を使うたびに漏れる。閉め忘れると漏れ続ける。

うちの被害としては、多少びしょびしょになったくらいで、家電とか照明にダメージはなかったのはよかった。思えば、半月前くらいに、玄関が濡れてたんだよな。この時点で通報していれば、もっと軽減できた。まさか上からじゃーじゃーくるとは思わないじゃん。

そんなわけで、築40年越えるとこういうことが起こります。お気をつけくださいな。

[ カテゴリ:日記 ]

2020/02/02 [Sun]

浜名湖 GI浜名湖賞 優勝戦

1深谷知博 2松井繁 3瓜生正義 4大池佑来 5前田将太 6杉田篤光

結果 1-4-5 3300(逃げ)(20/02/02 18:00)

最終日、朝から1逃げが続き、選抜ABが前付けやまくりで荒れるという展開。風は横風2m程度までおさまる。

展示瓜生3カド12/3456。気配は135。4大池がいまいちに見えた。本番は33としても、3瓜生がまくる気満々。まくりきりはしないだろうが、後ろに展開を与える可能性は大。1深谷の出來をみると、まくりが飛んできてもそうそう差されはしないだろう。そもそもS行くし。

そういうわけで、3瓜生先まくり、5前田が差す1-5=32を本線。薄いとは思うが抑えで35まくり・差し、深谷脚で残すの35-1-2345を100えんだけ。

[画像:dafaefefd]

結果、本番も3カド12/3456。3瓜生がS若干遅れ、それでもまくるが2王者差し流れと交錯しておしまい。4大池5前田が差し抜けて145決着。

完全に3瓜生が余計なことしたのが敗因だが、それでも4大池を切ったのは失態。3カドの時点で買わないといけなかった。展示でちょっと下げすぎた。ここは反省点。

前日予想の時点で23は軽視してはいるのだが、本番はそれにしてもな内容。普通に回れば123なのに、普通に回ってない。2王者はまあそもそも2Cこんなもんなのでどうでもいいが、3瓜生なあ。わざわざ3ダッシュにしてSへこむとかなあ。行き脚いい2王者を先行したかったんだろうが、これはひどい。

そんな感じで、またも瓜生にやられる。とはいえ、獲れたレースではあった。反省して次回頑張ります。

前日予想(20/02/02 04:30)

王者……瓜生……うっあたまが。(なにかを思い出した)

最終日も追い風5m前後の予報。当地周年Vもあり、S勘いい1深谷の逃げから、格上の2王者3瓜生で人気だろうが、どうせ3ケタだろうから、他の可能性を探っていこう。

まず、6杉田はGI初優出で準優もFのき恵まれなので、最初に切り。

毎度のまくり対抗評価。3瓜生と4大池。まずもって、3瓜生の3Cはあまりイメージよくない(数字もよくない)。先にまくったとしても、差しどころを探すような捌きになるだろう。4大池はS勘いいが、ここ3走は置きにいっている(4C.19 6C.23 3C.13)。どちらもそれなりに脚色いいし、いいコメントなので、評価は難しい。

シリーズ終盤の展開を見るに、追い風が強いとはいえ、先まくりが残している。1Mで同体くらいまでまくれれば、2Mは向かい風なので、脚がよければいいとこ差せる。広い浜名湖水面なので、捌くタイプよりは、握って攻めるタイプのほうが評価はあがる。

最終的には展示次第になるが、前走までと数字を見る限り、4大池が3瓜生の外を握る確率は70パーくらいじゃないかと見る。34一緒に握る展開まである。この風でまくりきりは考えづらいが、1深谷は対応して、展開流れる可能性。

そういうわけなので、4大池を評価するかどうかが分かれ目。評価するなら、準優脚色良かった5の前田とセットで、2王者が差し残す舟券。仕事しないと思うなら、123。このどちらかだろう。

個人的には、相性が激悪なので、脚完調とか言っちゃってる3瓜生は切りたい。買えばこない、買わなければくる、それが僕と瓜生。前回若松GI優勝戦の荒れ水面で、波に乗れずずるずる下がっていったのはなかなか衝撃的だった。ここも多少荒れ水面が予想されるので、思いきって切る。4大池先まくりに託す。

本線は4大池先まくりからの、5前田差し抜け。1=5-24。大池がやらずの場合、1-23=5。どちらにしても、5前田に展開あると見る。腕でいっても4大池よりは上。とにかく瓜生を潰してくれれば。

穴目は、不本意ながらやっぱり3瓜生。王者の2Cはマイペース差しなので、ちんたら回ってる外をえぐられるなんてのは、容易に想像できる。深谷がコケるなら、瓜生しかない。3-125。

[ カテゴリ:日記 ]



http://vainsystem.net/ Webmaster:こういと